German Dutch 英語 French Italian Japanese Portuguese Russian Spanish
ロゴ2014
  • ニュースレター

    今週のニュースを受け取るには、ここにサインアップしてください ニュースレターにサインアップ

    続きを読みます
  • 欠員

    一致するジョブを探します 開発中と新たな課題 私たちの雇用市場

    続きを読みます
  • ハノーバーフェアフェア特別

    ここであなたは新型を見ることができます ハノーファーフェア2018スローへ。 。参照してください。

    続きを読みます
  • イベントのカレンダー

    専門的な訓練が重要です: 見つけます 開発者向けのトピックと日付

    続きを読みます
  • 1
4月(日曜日)22、2018
トップ10
コンフィギュレータ
テーマアイコン 特別なアイコン メジャーアイコン インタビューアイコン ウェブキャストアイコン
文学アイコン ニュースアイコン キャリアアイコン イベントアイコン ニュースレターのアイコン

現在の食品技術

食品、食品、高級食品、飲料、鉄鋼、標準、認定

スペシャルから

> <
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7

norgren0213当社まで Buschjostは商業用自動·半自動コーヒーマシンで使用するためのプラスチック弁 "クリックオン"の新シリーズを開発しました。 バルブは、冷温水、蒸気、および必要なクリーニングとEntkalkungsprozesseための信頼性の高い制御用に設計されています。 最大の信頼性をインストールして提供するために、これらの2/2-Wege-と3 / 2双方向DCソレノイドバルブを越えてマシンの効率化とプロセス制御を改善することに。

簡単にインストールするために、プラスチック弁オンクリックFDAの承認を受けてから作られており、鉛フリー材料や最小限に流体の熱損失を低減します。 その高い性能特性に加えて、彼らは、低メンテナンスコストと低消費電力を提供します。 統合Verkoppelungstechnologie 7チェーニングプラスチックバルブの設置に起因する動作させることができます。 そのコーヒーはいつもちょうどいい温度で醸造されていることを確認。 濃縮されたバルブを使用すると簡単に設定可能なシステムと水の配布はありません。 つまり、最小限に配管コスト。

その堅牢な設計のおかげで、すべての動作条件の下でバルブ永久に高出力、実質的にすべてのメディアは、それらに耐性があります。 これは、水の場合に当てはまります - に関係なく、その重症度や石灰化したり、既存の塩化物の程度。 バルブも2013のためのヨーロッパの規制によると、鉛や飲料水の値のための要件を満たしています。

技術的には、バルブモジュールは16までの動作圧力、流体温度2 125から°〜+℃とまでの周囲温度+ 2 50°°摂氏で使用するために設計されて 上で自動コーヒーマシンの使用セグメントもクリームやアイスクリームマシン、ウォーターディ​​スペンサーまたはドリンクディスペンサーに水と蒸気アプリケーション用に使用された "プラグ+を使用して、"電磁弁を可能にします。


メーカーの別の寄与           このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています 表示するにはJavaScriptがオンにする必要があります!

一目でわかるトレード

展示会カレンダー

Mo Di Mi Do Fr Sa So
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
21
22
28
29
30

次のイベント日程

日Apr22 12:00 Tec.nicum on tour 2018 - ランチ+習得セミナー:機械の安全性、基準、ガイドライン 主催:tec.nicumアカデミーシュメアザールグループ
月4月23 @ 12:00 Tec.nicum on tour 2018 - ランチ+習得セミナー:機械の安全性、基準、ガイドライン 主催:tec.nicumアカデミーシュメアザールグループ
火曜4月24 @ 09:00 ワークショップドライブテクノロジーサーボ/モーションベース 主催:三菱電機
火曜4月24 @ 12:00 Tec.nicum on tour 2018 - ランチ+習得セミナー:機械の安全性、基準、ガイドライン 主催:tec.nicumアカデミーシュメアザールグループ
水曜日4月25 @ 09:00 ワークショップドライブテクノロジーサーボ/モーションベース 主催:三菱電機
水曜日4月25 @ 12:00 Tec.nicum on tour 2018 - ランチ+習得セミナー:機械の安全性、基準、ガイドライン 主催:tec.nicumアカデミーシュメアザールグループ