インダストリー・アクチュエル
建設と開発のためのニュースポータル

yaskawa1019ビール醸造所ホール7A、ブース424

新しい開発「Air Grip World」ショーで 安川 ボトルをロボットベースで処理するための完全なソリューション。 このシステムは、箱やカートンの積み下ろしの際に、安全で柔軟かつ高速なプロセスを可能にします。 「Air Grip World」は、特許取得済みのAir Gripグリッパーテクノロジーを適切なMotomanロボットだけでなく、必要な完全なシステム環境と組み合わせます。

グリッパー、マニピュレーター、ロボットコントローラー、PLC、コントロールパネル(HMI)、および周波数インバーターはすべてサプライヤーから提供され、互いに補完して技術的にシンプルで機能的なソリューションを形成します。

セルはモバイルプラットフォームに搭載されています。 これは、システムを迅速に運用できるだけでなく、必要に応じてフォークリフトで簡単に変換できることを意味します。 プラントの容量は、1時間あたり1200ボトルまたは1分あたり1カートンです。プラント自体には、カートン正立装置と閉鎖装置があります。 これにより、省スペースで柔軟なハンドリングソリューションが中小企業での使用に特に適しています。

オプションで1つまたは2つのロボットを備えた選別テーブルにより、1本のボトルの自動供給が可能になります。 特許取得済みのグリッパーは、安定した長期的な方法で個別に構成でき、まれな欠陥の場合には、モジュール設計により簡単に保守および修理できます。

他の多くの醸造所や飲料メーカーと同様に、ノルウェーのローマミネラルファブリクASでは、選別テーブルを含むエアグリップグリッパーシステムを使用しています。 2つのMotomanロボットモデルが使用されます。5kgペイロードを持つ800軸ヘビーデューティロボットMotoman SP800と、4 kgの容量を持つ500軸パレタイザーMotoman MPL500です。 充填能力が向上した結果、同社は売上を約30%増加させることができました。


メーカーの別の寄与 このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています 表示するにはJavaScriptがオンにする必要があります!