Kocomotion10219L14としてハノーバー·メッセホール35、

カバーストーリー

ステッピングモータ、リニアアクチュエータ 特にそれらが精巧な空気圧シリンダーを排除できる場合は上昇しています。 に KOCOモーション 総売上高に占める割合は、近年、過度に増加しています。 標準的なバージョンとカスタマイズされたバージョンで利用可能である広範囲のポートフォリオの舞台裏を見るのに十分な理由 - 上昇傾向にある後者。


OlafKämmerlingCEOの声明

リニアアクチュエータを使用する理由は明らかです。空気圧シリンダは圧縮空気を生成するためにコンプレッサと必要な周辺機器を必要としますが、リニアアクチュエータは移動するために電気エネルギーを必要とします。 停止時には、保持電流は通常下げられ、エネルギーを節約します。 さらに、最大ストロークのすべての中間位置に直接アプローチできます。 その結果、リニアアクチュエータを非常に柔軟に使用できるため、切り替え時間を大幅に短縮できます。 加圧および減速ランプを設定することによって端部位置の減衰を容易に達成することができ、その一方で、圧縮空気作動式リニアドライブには追加の圧縮空気量減少要素が必要となる場合がある。

正確な位置決め、速い動き、長寿命

Kocomotion20219Dauchingenを拠点とするKoco Motion Systemsは、精密位置決め、高速移動、長寿命の組み合わせを必要とする幅広い用途で使用するためのさまざまなリニアアクチュエータを提供しています。

ポートフォリオには多数の標準バージョンが含まれていますが、カスタマイズされたソリューションの全体的な範囲は膨大な数のバリエーションに増えています。 例えば、適合したスピンドル、モータおよびケーブルの長さ、スピンドル端部の設計、個々のスピンドルピッチ、コネクタ、巻線抵抗、ならびにステップ角または特別なナットおよびスロット形状が必要とされる。

顧客特有の需要がますます高まっています

Koco Motion GmbHのマネージングディレクター、OlafKämmerlingは、次のように述べています。 「これにより、ユーザーが自分に最適なソリューションを選択することが非常に困難になるような無数の組み合わせがもたらされます。 したがって、我々は彼らの要求で我々に連絡するように我々の顧客に助言する。 私たちは彼が私たちに利用可能な可能性から彼のアプリケーションのための最適な解決策を見つけるのを助けるためのノウハウを持っています」。

リニアアクチュエータには世界規模の住宅があります。 ドライブは、中国のDings '社、または米国のSchneider Electric Motionによる「Mdrive」または「Lexium Mdrive」として製造されています。 3つ目の基本的な原動力は、Koco MotionとRictensteinerのコラボレーションによるものです。 創意工夫アドロス 負担 モジュラーシステム "Kannmotion」。 Dauchingenでは、すべてのスレッドがまとめられ、顧客には有能なドライブのスペシャリストからのアドバイスがあります。

ステッピングモータ技術をベースにしたリニアアクチュエータは、「永久磁石」(PM)と「ハイブリッド」の2つの技術で提供されています。

小型用PMステッピングモータリニアアクチュエータ

Kocomotion30219PMモータの回転子は半径方向に磁化された永久磁石からなる。 それ故、限られた数の磁極しか作ることができず、より大きいステップ角をもたらす。 この技術は安価であり、またより小さい寸法に対しても実現可能である。

PMステッピングモータリニアアクチュエータは円形で、直径20、25、36 mmの3つのサイズがあります。 直線運動の分解能は、ドライブサイズ、主軸ピッチおよびステップ分解能に応じて、最大推力6,5 Nで333から115μm/ stepまで変化します。

極数の多いハイブリッドステッピングモータリニアアクチュエータ

Kocomotion40219ハイブリッドステッピングモータは、2つの駆動技術を1つに組み合わせたものです。リラクタンスモータと永久磁石モータの共生です。 歯付き金属製キャップが軸方向永久磁石に取り付けられています。 歯幅の半分のオフセットは、南極と南極が交互になることを保証します。 この技術は高い極数、従って非常に小さなステップ角を可能にする。

ハイブリッドステッピングモータリニアアクチュエータは、NEMA 8、11、14、17、23、24および34のサイズで入手できます。 ステップ角とスピンドルピッチに応じて、直線運動の分解能は1,5から127μm/ステップまで最大で変化します。 2400 Nまでのプッシュ/プル力。

「上記のデータに基づいて、モータサイズ、スピンドルピッチ、スピンドルナットデザインを決定します。 他の重要な側面は、可能な自動ロック、利用可能なスペース、およびドライブの制御です。 質問に対する答え:「どのように、いつ、どこで、どの制御パラメータを使って、そしてどのくらいの頻度で行うのでしょうか?」 基本的に、ドライブの選択に必要なすべての情報が返されます」とOlafKämmerling氏は言います。

台形スピンドルの代わりにボールねじ

Kocomotion50219標準台形スピンドルでは不十分な場合は、ボールねじを使用するとさらに性能を向上させることができ、さらに精密な位置決め、バックラッシュの最小化、低摩擦、特に長寿命および重荷重を実現することができます。 さらに、多数の品質グレード、グレード、タイプ、長さなどが、ほとんどの顧客の要求を満たしています。

どちらの技術も、ユニポーラまたはバイポーラ制御用の巻線接続で利用可能であり、それによってバイポーラ制御バージョンが一般的になりました。 リニアアクチュエーターは、中空シャフトナットとスピンドル(内部ねじれ防止装置なしまたは内部ねじれ防止装置あり)または外部スピンドルとナット付きのどちらでも使用できます。 これにより、4つの構築方法が得られます。

4つのドライブバージョン

両方のバージョンは、バージョンで利用可能です "外部"、"ノンキャプティブ"と"キャプティブC"または"キャプティブK "が利用可能です。

外部バージョンでは、直線運動はモーターシャフトとして機能するスピンドルの回転に対してナットを固定することによって達成されます。 これは非常に一般的なユースケースです。 移動するキャリッジには、スピンドルの回転運動によってナットが取り付けられて直線的に移動する。 送料はお客様がご案内します。 長い耐用年数を達成しそして摩擦力を減少させるために、ガイドを回転軸に正確に適合させることが重要である。 使用者自身が、例えばガイドレールを取り付けることによって、ねじれ防止装置の面倒を見なければならない。 長いスピンドルの場合は、スピンドルの自由端を釣り合わせる必要があります。

Kocomotion60219非拘束的な変形例では、ナットはエンジンの中空シャフトに挿入されている。 それらの回転はスピンドルの直線運動を引き起こす。 ここでスピンドルが固定されていると、モーターは前後に動きます。 モーターが固定されている場合、質量体はスピンドル上で回転しないように固定されている端に位置します。

Captive Cバージョン(クローズドシステム)は過酷な環境条件に適しています。 ここでは、直線運動はすでに内的にねじれていないプッシュロッドによって作り出されます。 プッシュロッドは、雌ねじとねじれ防止装置を備えており、特別な形状のハウジング内で案内されます。 ローター(スピンドル)が回転すると、スクリュードライブ上で直線運動が起こり、プッシュロッドが出入りします。 回転防止機能はすでに統合されているため、このバリエーションでは設計の手間が最小限で済みます。 荷重はプッシュロッドの端に固定されています。

キャプティブKバージョンは、ドライブによってキャプティブCバージョンと異なります。 プッシュロッドは前部に溝があり、したがって回転に抗して案内される。 この設計はねじ付きスピンドルと一緒にドライブを形成します。 ローターが回転すると、プッシュロッドは出入りします。 ここで注意しなければならないのは、背中のスピンドルはストロークに応じて伸びることができるということです。 最新バージョンは、Captive Cバージョンに比べてサイズが小さいため、多くのアプリケーションで非常に優れた選択肢です。

優れたアプリケーションの可能性

「これらのリニアアクチュエータの可能な用途は非常に用途が広いので、ここではほんの数例を挙げることができます」とOlafKämmerlingは言います。 「それらは異なる製品幅のための充填機の調整、充填製品の流れ制御のためのバルブの調整、射出工具の閉鎖技術、XYZテーブル上のような3つのレベルでの製品の位置決めのために、ピストンポンプ、投与ユニットおよびグリッパーのためのドライブとしてマニピュレータ、ベルトストッパー、投与および位置決めユニット - 直線的な位置決めが行われる場所ならどこでも。」

一般に、用途は使用されるアクチュエータの種類による違いはありません。 そうではなく、それらの選択は、顧客の哲学および会社内の状況、あるいは価格または利用可能なスペースなどの要因に部分的に左右される。

未来につながる

Kocomotion70219例えばリニアアクチュエータが位置決め作業に使用される場合、ユーザはそれを彼らのネットワークに統合することをますます望んでいる。 「このような用途では、ドライブに統合コントローラを取り付けることができます。 ネットワーク機能がPMリニアアクチュエータに望まれることはめったにありません。 その一方で、ハイブリッドリニアアクチュエータの要件は、ウィッシュリストにあります」と、マネージングディレクターは言います。

よく知られているインターフェースRS4.0 / Modbus、CANopen、イーサネットおよびProfinetを備えたMDriveおよびLexium MDriveドライブは、将来の工場または産業用485アプリケーションに利用可能です。 あるいは、RS485を使用したKannmotion制御またはシーケンスプログラムI / O制御を介してそれらを完了することができます。

「現場での社内コンサルタントおよび社内のコンサルタントは、書面で、または現場で喜んで、ドライブを首尾一貫した概念として解釈するのに役立ちます。 コストと利益の志向は常に私たちの優先事項です」とOlafKämmerlingは締めくくりました。


メーカーの別の寄与 このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています 表示するにはJavaScriptがオンにする必要があります!