Baumueller0312ハノーバーメッセホール14-15、スタンドH41

ブレーキエネルギーをグリッドに回生することにより、特に機械が逆転モードで実行されている場合、かなりのエネルギーを節約できます。 インフィードおよび回生ユニット「B Maxx 5100」 Baumüller 電力範囲36および64 kWの場合、制動中に生成されたエネルギーはグリッドにフィードバックされます。 その後、コントローラーは結果として生じるわずかなエネルギー損失を補正するだけです。 B Maxx 5100は、1つ以上の電源モジュールを提供できます。

B Maxx 5100は、電源ネットワークの周波数への自動同期を実現し、力率cos(φ)が1に等しくなります。 抵抗充電と比較して、その電流制御プリチャージにはいくつかの利点があります。デバイスのスイッチがオンになると、充電時間が監視され、障害が検出および報告されます。 起動前にトラブルシューティングが可能であり、マシンまたはドライブの損傷が防止されます。 安定化された充電電流により、インバータはメインコンタクタのリリースがあっても短絡に対して安全です。 スイッチオン時の問題のある電流ピークが防止され、それぞれのアプリケーションに最適なDCリンク容量を選択できます。

B Maxx 5100は、たとえば、ハンドリング、テキスタイル、およびパッケージング業界での使用に適しています。 それらは、複数のドライブを備えたすべてのマシンで、または柔軟な拡張性が必要な場合に、省エネに使用できます。


メーカーの別の寄与 このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています 表示するにはJavaScriptがオンにする必要があります!