esr0512「補間位置モード」が始まりました。今日の周期同期の設定値仕様では、位置が調整された値に近づくだけでなく、ミリ秒サイクルで複数の軸の速度とトルクを同期します。 インクルード サーボドライブファミリ「Triodrive D / xS」および「Mididrive D / xS「ESRのPollmeierは、EthercatまたはCAN openを介した接続用に3つの追加の動作モードを提供しています。

補間位置モードでは、位置実績値がフィールドバスを介して一定間隔でサーボドライブに送信され、フィールドバスが位置コントローラのストロークに合わせて細かく研磨します。 これは、複数の軸を同期し、正確な軌道を駆動できることを意味します。 ドライブのスペシャリストは、EtherCATまたはCANopenインターフェイスを備えたデジタルサーボドライブで長年この動作モードを提供してきました。

高速フィールドバスのリアルタイム機能は、さらなる可能性を開きます。 最新世代のサーボコントローラーTriodrive D / xSおよびMididrive D / xSにより、位置目標、速度、またはトルクの設定値を周期的かつ同期的に送信できるようになりました。 これは、複数の軸で制御タスクを引き継ぐコントローラとの組み合わせで意味があります。 セットポイント値とオプションのオフセット値および事前制御値の送信は、すべてのドライブへの固定間隔で、通常はすべて1から4 msで同時に発生します。 このようにして、個々の軸の正確な相互作用に依存するモーション制御アプリケーションを実現できます。

動作モードは、IEC 61800-7-2およびCANオープンプロファイルCiA 402に基づいています。 周期的同期位置ターゲット仕様では、サーボドライブのインテリジェントなセットポイント処理により、「オーバーフロー」が動作のジャンプを引き起こさないことが保証されます。 これにより、一方向にのみ配置される無限の軸が可能になります。 Triodrive D / xSおよびMididrive D / xSサーボドライブに基づいて、メーカーは0,5から160 Nmまでのトルク範囲で個々のドライブパッケージを作成します。


メーカーの別の寄与 このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています 表示するにはJavaScriptがオンにする必要があります!