業界最新

ネットワーク化された生産のための自動化

mitsubishi0319ハノーバーメッセホール17は、スタンドD26

スマートマニュファクチャリングのソリューションパートナーとして発表 三菱電機 エンジニアリング、製造、メンテナンスへの応用。 すべてのFRシリーズロボット用の「Melfa Smartplus」や統合された「GOT Drive」マシン診断機能を備えたオペレーティングユニットなど、予測保守のための新しいソリューションが中心的な役割を果たします。

FRシリーズ用の新しいMelfa Smartplus機能ソリューションは、予測保守を含む高度に特殊化されたインテリジェント機能のための統合アドオンカードです。 サーボモータの特性は、CR800コントローラに直接呼び出して損傷や磨耗がないかどうかを分析できます。 対応するサービスの推奨事項は平文で示されており、必要に応じて最適化された保守を可能にします。 その他のSmartplus機能には、温度補正と追加軸の調整(スプライントラッキング)によるより高い位置決め精度が含まれます。

予測メンテナンスによる価値の保持とコスト削減のために、自動車メーカーは機械診断用のGOTドライブ機能も開発しました。

GOT Drive +周波数変換器は、周波数とトルクの特性を基準範囲と比較し、メンテナンス要件をHMIデバイスに直接出力します。 統合はコンデンサの寿命監視です。 GOT Drive + Servoは摩擦と振動の値を吸収し、それらをユーザー定義の仕様と比較して、メンテナンスまたは清掃の要件を報告します。 携帯電話やタブレットからでもGOT Mobileで両方の機能にアクセスできます。

その他のハイライトには、電子機器製造用の帯電防止ロボットや、三菱電機の制御を備えた高速デルタロボットがあります。 また、と eF @ ctoryのパートナー 業界4.0および将来のインテリジェント製造のためのビジョンアプリケーションおよび製品ソリューションを実現しました。


メーカーの別の寄与 このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています 表示するにはJavaScriptがオンにする必要があります!

現在のショースペシャル

SPS

26からスマートプロダクションソリューションを利用できます。 28へ。 ニュルンベルクのSPSでの11月の2019
それは建設的で、個人的で、6からコンパクトでした。 8へ。 11月2019 FMB-バートザルツフレンでの機械工学の下請け展示。
レビュー:これは、シュトゥットガルトでのアセンブリ、ハンドリングテクノロジー、自動化の主要な見本市でした。

このウェブサイトは、