業界最新

機械および植物の産業用画像処理

ifm10117ハノーバーメッセホール9は、スタンドD36

今年は、設計 企業のIFMグループ 全く新しいハノーバーでのブースのアプローチ:中心には初めて拡張現実インストールです。 技術のキーコンポーネントは、Googleタンゴスマートフォンで統合されています 3Dカメラ PMDテクノロジーズ。

画像はおそらく、ハノーバーのほとんどを使用する - 技術は、このカメラが装備されていたVRメガネスタンドの上に置いているバラク・オバマ米大統領とドイツのメルケル首相として、近年では、公正の本当のハイライトとなっています公正2016。

In diesem Jahr können nun alle Messebesucher diese Technologie erleben und auch selbst testen. Mit einer eigens kreierten Augmented-Reality-Installation werfen die Besucher einen außergewöhnlichen Blick in die Zukunft der fertigenden Industrie und die Anwendungen der Sensorik des Herstellers. Anlagen einer digitalen Fabrik lassen sich virtuell bedienen, die Ergebnisse sowie Messdaten und Informationen erscheinen live vor den Augen der Besucher. So lassen sich verschiedene Applikationen in einer virtuellen digitalen Fabrik erleben wie die Realisierung sogenannter Digitaler Zwillinge („Digital Twins“), also Abbilder physikalischer Objekte in der digitalen Welt zur Optimierung von Produktionsprozessen.

センサープログラムから数多くの新製品は、ディスプレイ上でも、もちろんあります。 ここでの焦点は、 3DカメラO3D, die Kommunikation der IO-Linkの経由センサー、ライン・レコーダーの枠組みとクラウドソリューションとERPシステムへのリンク。
メーカーの別の寄与 このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています 表示するにはJavaScriptがオンにする必要があります!

このウェブサイトは、