Harting0319ハノーバーメッセホール11は、スタンドC15

工業用グレード エッジコンピュータ "マイカ」の ハーティング 二次イーサネットインターフェースもあります。 これにより、有線から無線へのゲートウェイアプリケーションを含む、2つのイーサネットプロトコル間でのデータの交換と処理が簡単になります。

多くの業界の4.0アプリケーションは、外部アプリケーションが企業ネットワークに直接アクセスすることなく、ネットワークを切断してイーサネットプロトコル間でデータを移動するだけで済みます。 そのようなアプリケーションのために、雲母は第2イーサネットインターフェイスによって補完されました。 追加のUSBインタフェースを使用して、USBを介して追加の機能やメモリを後付けすることができます。 ルータとは異なり、Micaは複雑なデータ変換や集約も実行できるためです。

セカンダリイーサネットインターフェースはファンクションボードを介して提供され、Micaプラットフォームのモジュラーシステムを補完します。 特に、Wi-Fiを備えたMica Wireless、追加のイーサネットインターフェイスを備えたBLEおよびLTE接続は、多くの産業および輸送プロジェクトに適したコンパクトで管理しやすいソリューションです。

  • PLCからメンテナンスデータを収集し、関連するイベントを機械メーカーまたはメンテナンスサービスに中継するための有線 - 無線ゲートウェイとして。
  • WLANを介して接続されたRFIDリーダーの処理ノードとして。 このアプリケーションでは、これらのデータはマイカワイヤレスに送信されます。マイカワイヤレスはタグを評価し、イーサネットを介してそれらを企業ネットワークに送ります。
  • 必要に応じて、イーサネットを介してリモートインストールを監視し、LTEを介して世界中で圧縮されたデータを送信する
  • イーサネットゲートウェイや堤防上のアプリケーションへのBLEとして、イーサネット対応のPLCやRFIDリーダーも増えています。

開発スカウトテレビ - インタビュー メーカーの別の寄与 このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています 表示するにはJavaScriptがオンにする必要があります!