業界最新

ネットワーク化された工場の通信ビルディングブロック

Harting0519電車の旅行者は高性能のインターネットアクセスを期待しています。彼らは電車の中で個人的にサーフィンしたい、またはコンパートメントをモバイルワークステーションとして利用したいと考えています。 したがって、鉄道事業者は、増大する顧客の要求を満たすために適切なデータインフラストラクチャを提供する必要があります。 これには新しいケーブルシステムが必要です。 ハーティング のために持っています 交通工学 ソリューションが開発されました。

」とは、プレリンク「システム また、鉄道要件に合わせて特別に設計された「Etherrail」ケーブルを使用して、鉄道技術における将来性のあるデータネットワークを構築することができます。 1対のワイヤを介したイーサネットで、鉄道事業者はツール不要の「プッシュプル」システムで運用コストを削減し、生産を最適化することができます。

Prelinkシステムの中心的な構成要素は、ケーブル接続を迅速、簡単かつ確実に実現するための終端ブロックです。 コンタクトブロックのサイズが小さいため、使用準備が整ったデータケーブルを車外で事前に作成してから車内に取り付けることができます。 この目的のために、引き込むためには12 mmの最小穴径で十分です。 ケーブルを敷設した後、接続するネットワーク機器に応じて適切なコネクタが取り付けられます。 この目的のために、RJ45およびM12のDまたはXコード化コネクタ(ソケットまたはピン)は、最大10 Gbit / sのデータ伝送に使用できます。

同じプリリンク接続技術を使用したこの多種多様な合わせ面は、特に鉄道技術で長期間使用する場合に、独自のレベルの柔軟性と投資セキュリティを提供します。

最近の技術革新はM12ソケットです。これは現在Prelink経由でも接続できます。 新しく設計されたソケットは、ルーズケーブルカップリングおよびハウジングフィードスルーとして使用でき、ここでしっかりとネジ止めできます。 2つ目の技術革新はPrelinkプリント基板ソケットです。これを使用して、組み立て済みのPrelinkケーブルを直接プリント基板に接続できます。 モジュラーPrelinkシステムとEtherrailケーブルの組み合わせは、車両のケーブル配線に理想的な組み合わせです。

IEC 63171-3によれば、同じ性能で軽量化、つまり、ツイストペアケーブル1本と小型コネクタのみを介したイーサネットの目標です。 40 mまでのケーブル長の場合、802.3Gbit / sはIEEE 1000bp(1 BASE-T1)に従って伝送できますが、ケーブル長は従来の8コアイーサネットケーブルの約1/3です。 1 / 10Gbit / sイーサネット用の4つのワイヤペアを持つ標準イーサネットケーブルは、1キロメートルあたり約45 kgの重さがあります。 同じ帯域幅のシングルペアケーブルは、kmあたり30 kgしかありません。 数キロのケーブルが旅客列車の貨車だけに設置されているので、ここでかなりの節約の可能性があります。


メーカーの別の寄与 電子カタログへ このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています 表示するにはJavaScriptがオンにする必要があります!

このウェブサイトは、