業界最新

ネットワーク化された工場の通信ビルディングブロック

mitsubishi0518AUTOMATICAホールB5、ブース318

三菱電機 オートメーションのMLインターフェイスは "iQの作品、エンタープライズオートメーション製品をプログラミングするための同社の統合ソフトウェアスイート。 資産の設計、インストール、および保守の際に、Automation MLのシステム実装の合理化されたアプローチは、コストを削減し、市場投入までの時間を短縮します。

エンジニアリング、インテグレーション、メンテナンス、およびライフサイクル管理のすべてのフェーズで情報の一貫性があるため、品質が向上し、プロジェクトコストが削減されます。 それにもかかわらず、多くの場合、異なる工学分野間での情報交換は依然として手作業であり、時間がかかるだけでなく、エラーを起こしやすい。

一方、ソフトウェア環境間での自動データ交換のためのユニバーサルインタフェースは、プロジェクトの全ライフにわたってデータの一貫性を保証し、今日必要とされる短い市場投入時間の基礎を作ります。

たとえば、iQ Worksソフトウェアスイートに統合されたAutomation MLインターフェイスを使用すると、Automation MLインターフェイスも持つECADツールとデータをシームレスに交換できます。 この実装は、Automation ML文書の「アプリケーションの推奨事項:自動化プロジェクトの設定」に基づいています。

それが実際にどのように見えるかを示すために、三菱電機は EF @ ctory アライアンスパートナーのEplanは協力しました。 同時に、iQ WorksとEplan Electric P8との間のハードウェア構成、I / Oタグ、およびネットワーク構成のデータ交換は、オープンスタンダードによって実装されています。 このインタフェースは、初期設計からエンジニアリング・プロセス、コミッショニング、オートメーション・システムのライフ・サイクル管理までのエンドツーエンドの相互運用性を保証します。

三菱電機は、商用製品のECADツールへのAutomation MLインターフェイスを実装するオートメーションソリューションの最初のプロバイダの1つでした。 さらに、Automation ML Associationの積極的なメンバーとして、同社はこのオープンデータフォーマットのさらなる発展に貢献しています。

Eplanとの協力


メーカーの別の寄与 このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています 表示するにはJavaScriptがオンにする必要があります!

このウェブサイトは、