mitsubishi0219ハノーバーメッセホール17、26スタンド

三菱電機 「Melfa Safeplus II」安全オプションなど、さまざまな新しい関連安全革新を提供します。 これにより、個々の作業レベル(x、y、z)におけるロボットの速度を互いに独立して制御できるため、サイクルタイムを長くし、人間と知能ロボット間の作業距離を短くすることができます。

もちろん、安全オプションは新しいものにも適用されます。 ロボットシリーズメルファ FR。 ISO / TS 15066に準拠した追加の規格準拠の安全機能を追加のセンサーで実装するために、マトリックスで相互接続できる安全I / Oの範囲が広がりました。

Melfa Safeplus IIオプションを使用すると、X、Y、Zの各作業平面でロボットの速度を個別に制御できます。 適切なモニタリングセンサーを装備しているため、ロボットは接近する方向に安全な速度で動くことができますが、他のレベルでは衰えることなく動くことができます。 これにより、人とマシンがより効率的かつ動的にコラボレーションすることができます。

システム全体が最新のレーザースキャナーとそれに対応するエリア定義との接続で補完されている場合、接近する人の速度が計算され、安全に減速された速度の持続時間が短縮され得る。

三菱電機のロボット担当プロダクトマネージャであるMichael Finke氏は、このコンセプトの柔軟性に言及しながら、「当社の安全性レベルは当社の標準デバイスに基づいているため、既存のロボットに後付けすることができます」と述べています。 「Melfa Safeplusロボットには、人とロボットの共同作業を可能にするためのセンサースキン「Melfa Safeskin」を装備することもできます。」

Melfaファミリーの標準化されたコンポーネントを使用した共同ロボット「Melcor」は現在テスト段階にあります。 これはオートメーションロボットの産業用ロボットの豊富なポートフォリオを補完するものです。


メーカーの別の寄与 このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています 表示するにはJavaScriptがオンにする必要があります!