業界最新

ハンドリングと組立のためのロボット

コンピュータ断層撮影は、X線源(450 keVビームエネルギー)の限られたパワーのために、より小さくより容易に貫通した対象物に長年限定されてきた。 Fraunhofer Institute for Integrated Circuits IISは、これらの制限を削除することに成功しました。 9 MeVと対応する寸法のX線カメラを備えたX線源としての線形加速器を備えたコンピュータ断層撮影装置の開発により、コンピュータ断層撮影のための全く新しい応用分野が開かれた。


メーカーの別の寄与 このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています 表示するにはJavaScriptがオンにする必要があります!

このウェブサイトは、