mitsubishi04171SPS IPCドライブで発表 三菱電機 産業用4.0環境の模範的な製造部門内で初めての共同作業 ロボット保護シャットオフのないサーバーでの作業。 「メルファメルコー」は直接プログラム可能です。

三菱電機ファクトリーオートメーションの社長、ハートムット・ピュッツ(写真)は、日本のグループが人間とロボットのコラボレーション(MRK)の分野に具体的に参入した最初のロボットを紹介します。 安全上の理由からセル内および防護柵の後ろにロックする必要がある高速かつ強力でありながら鈍感な産業用ロボットとは対照的に、協調ロボットのタスクは人間のために人間工学的に機能することです。 物理的に分離する必要がないため、このタイプは本番環境のどこでも柔軟に使用できます。

mitsubishi04172ただし、通常の協調型ロボット工学とは異なり、三菱電機のモデルの性能は、同社のよく知られている自律型産業用ロボットに似ています。 敏感な力モーメントセンサーテクノロジーにもかかわらず、新しいロボットは±0,02 mmの再現性を実現しています。 示されているロボットモデルの負荷容量は、5〜6 kgの範囲、800〜1000 mmの範囲です。

ロボットに取り付け可能なタッチスクリーンオペレータターミナルを使用すると、特別なプログラミング知識がなくても、ロボットを新しいタスクに直感的に教えることができます。 ロボットの手順は、「直接制御」モードでサポートされています。このモードでは、オペレータは、力制御により新しいロボットを手動で位置に移動します。 セットアップが完了したら、オペレーター端末を簡単に取り外して、協調ロボットを完全に自由に動かすためにアーム上で直接制御できます。


Developmentsocut TV - メッセ - メントメント メーカーの別の寄与 このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています 表示するにはJavaScriptがオンにする必要があります!