Mitsubishi0415SPS IPCはホール7、391スタンドをドライブ

製造業向けの統合ソリューションは、ますます要求が厳しくなっています。 より高い製品品質、ほぼ即時の可用性、より多様な多様性に対する需要は着実に増加しています。 トレーサビリティ、機器全体の有効性、およびリソース計画がますます重要になっています。 三菱電機 多くのために保持 これらの要件に対応するテクノロジー PLC、CNC制御、サーボアンプや周波数コンバーターなどの駆動技術、産業用ロボット、ヒューマンマシンインターフェイス(HMI)、関連する省エネ技術、および eF @ ctory Alliance。

プラットフォームソリューションの最新の三菱電機PLC ファクトリーオートメーションシステム「iQシリーズ「1つのコントローラーですべての重要な自動化機能を組み合わせます。 iQ Platformは、同じバックプレーンバスで簡単に連携できるCNC制御など、さまざまなフィールドデバイスおよび制御タイプとのシステム統合を容易にします。 これにより、総所有コストを最小限に抑え、シームレスな統合、透過的なコミュニケーション、生産性の最大化という利点が得られます。

統合されたプラントレベルの自動化は、Scada、ERP、MESなどの上位レベルの制御システムにリンクすることもできます。 さらに、サプライヤ、ディーラー、顧客、エンドユーザーへの接続が可能です。 その結果、生産バリューチェーン全体を一貫してリンクし、全体的に管理できます。 ここで説明する概念は、複数のサイトおよび企業にまたがる物理システムとサイバーベースのシステムの統合を想定したIndustry 4.0のビジョンに近いものです。 目標は、バリューチェーンの各段階のパフォーマンスを最適化することです。

統合されたeF @ ctoryコンセプトは、市場需要のこれらのさまざまな側面に対処します。 同社は、高速で情報主導の製造などの生産目標を達成するために、信頼性の高い柔軟な製造システムの開発と設計を追求しています。 eF @ ctory Alliance内のパートナーソリューションとCC-Link Partner Association(CLPA)などのオープンネットワーク協会とのコラボレーションにより、ユーザーは「クラス最高」のアプローチに基づいた包括的なソリューションを開発できます。

三菱電機のeF @ ctory Allianceは、自動化の専門企業と提携しています。 各パートナーはそれぞれの分野の専門家であるため、要件に応じて、パートナーの特別な専門知識を使用してソリューションを開発できます。 特定のプロジェクトについては、異なる数のパートナー企業が互いに協力し合うことができるため、顧客に能力の可能な限り最良の組み合わせを提供できます。 eF @ ctoryのメンバーは協力して最適なソリューションをタイムリーに開発し、総所有コスト(TCO)を削減し、複数のシステムとサブシステムのシームレスな統合を可能にします。


Motekのパートナーソリューションに関する見本市ステートメント

メーカーの別の寄与 このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています 表示するにはJavaScriptがオンにする必要があります!