Mitsubishi0818モジュール式 PLCシリーズ "Melsec iQ-R」の 三菱電機 最大のパフォーマンスと信頼性を備えた、完全に冗長なコントロールペアが用意されました。 総所有コストを削減するために、さまざまな安全およびセキュリティ監視および制御機能もPLCに統合されています。

近年、国際安全規格への準拠は、世界市場での成功のために不可欠な要件となっています。 さらに、コントローラの故障後の高速システム回復が重要な基準であることが証明されています。 重要なシステムも故障または主CPUユニットへの偶発的な損傷の場合に機能しているそのため、多くの中央の生産アプリケーションはIEC 2に係るセキュリティレベル2(安全度水準2、61508 SIL)によれば、完全な冗長性を必要とします。

TÜVRheinland認定によると、SPS冗長性ペアMelsec iQ-Rは、国際市場向けの機能安全に関するこの規格の要件を満たしています。 冗長規格のガイドラインには、プライマリシステムに障害が発生した場合にすぐに切り替えることができるすべてのモジュールを備えた、完全に複製されたPLCエンクロージャが必要です。

GX Works3プログラミングプラットフォームは、プロセスと安全制御の両方に共通のプログラミング環境を提供します。 これにより、1つのCPUモジュールのみで統合されたプロセスおよび安全制御プログラムを実行できるため、別個の安全コントローラを購入してインストールする時間と費用が不要になります。

プラントオペレータがシステムに冗長オートメーションコントローラを設置する主な理由は、プロセスの安全性と信頼性です。 したがって、iQ-Rの基本的な冗長性アーキテクチャは、別の保護レイヤーによって拡張されています。 パワーモジュール、ベースユニットおよびネットワークモジュールに加えて、PLCのセキュリティバージョンは、SIL-2プロセスCPUモジュールと別個SIL 2機能モジュールからなるセットを含みます。 これにより、コントローラに障害が発生した場合にスタンバイモードに切り替えることで、連続動作が保証されます。


メーカーの別の寄与 このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています 表示するにはJavaScriptがオンにする必要があります!