weidmueller0212パッシブアイソレータは、追加の電源を必要とせずに信号回路の電気的絶縁を保証します。 ワイドミュラー ACT20Mには、6,1-mm設計のシングルまたはデュアルチャンネルパッシブアイソレータがあります。 その供給は入力または出力測定回路を通して行われます。 したがって、2つのチャンネルは6 mm幅でのみ電気的に分離することができます。

これは、接続された機器を保護し、信号品質を向上させるための、最も簡単で省スペースで費用対効果の高い分離方法です。 一方では、2,5 kV(300 V定格電圧)の高いガルバニック絶縁、および他方では、最大0,1%の高い測定精度により、高いプロセス信頼性が保証されます。 -25°から+ 75°Cまでの広い温度範囲により、高いプロセス信頼性も実現します。 ACT20Mパッシブアイソレータのカットオフ周波数は100 Hzで、過電圧カテゴリIIに従って分類されています。

受動分周器は、入力ループ給電(ILP)または出力ループ給電(OLP)のいずれかによって給電されます。 接続されたデバイスを保護し、信号品質を向上させるために、これは最もシンプルで省スペースの絶縁です。

ACT20M-CI-CO-ILP-Sでは、電力は入力回路を介して供給され、ACT20M-CI-CO-OLP-Sでは出力回路を介して供給されます。 どちらのバージョンもコンパクト(114,3 x 6,1 x 112,5 mm L / W / H)で頑丈に設計されています。 国際的な承認(cULus、ATEX Zone 2、FM Division 2、GL、DNV)および負荷(スイッチングアンプ)を駆動するための600 Ohmまでの許容出力レベルにより、幅広いアプリケーションで世界中で使用できます。


メーカーの別の寄与 このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています 表示するにはJavaScriptがオンにする必要があります!