smp20612サクセスストーリー

インターソーラーA6ホール、ブース456

以前Ubstadt-Weiherのからのマイケル·コッホ社のダイナミックなエネルギーを保存することができ、廃棄物、から保存されたオンデマンド·エネルギーで呼び出し可能。 チョークは、SMPは他のもののうち、その高効率化に貢献し、低消費電力、エネルギー貯蔵、エネルギー効率に優れた設計から構築されています。



「DESが開発されるずっと前から、特定の場合にブレーキ抵抗器を交換し、主電源とは無関係に動作しながらエネルギーを蓄える可能性について考えていました」と、Ubstadt-WeiherのMichael Koch GmbHのCEO、Michael Koch氏は述べています。 これらの考慮事項の結果は、ハノーバーメッセの2011社によって初めて発表されました。

動的エネルギー貯蔵DESは、電気駆動システムのエネルギー効率を向上させます。 約2 kJのストレージ容量を提供します。 一時的な記憶として、ドライブの運動エネルギーを電気エネルギーに変換して吸収し、必要に応じてシステムに戻すことができます。 DESは、周波数インバータまたはサーボドライブの周辺機器として、これまで主電源に敏感な回生ユニットまたはエネルギー消費バラスト抵抗器で実行されていたタスクに対して、ネットワークに依存しないソリューションを提供します。 短い繰り返し時間で、DESは、そのインテリジェンスのために実際の代替手段でもあり、構成や試運転さえ不要にします。 たとえば、電気駆動アプリケーションで5秒ごとに完全に使用されている場合、3シフト操作で約3500 kWのエネルギーを年間で節約できます。

低電力損失のストレージチョーク

SMP10612「DESでは、電気エネルギーの中間貯蔵にSMP貯蔵チョークを使用します。これは、エネルギー貯蔵システム用に特別に設計されたものです」とKoch氏は言います。 「この選択にとって重要なのは、SMPのマネージングディレクターであるVasilios GemenetzisとセールスマネージャーのStefan Schauerによる比較的低い電力損失と専門家のアドバイスでした。最初のシリーズは「コッホを熱狂させる。 もちろん、技術的に明確にするために必要な議論を簡単かつ個人的に実行できるため、わずか12キロメートルのローカルな近接性は、協力にとって過小評価されない利点です。

ストレージチョークは、従来のアップダウンコンバーターで使用されます。 電解コンデンサは、降圧機能を介して高電圧から低電圧に充電されます。 ブーストコンバーター機能を使用して、電解エネルギーでDCリンクをサポートできます。 どちらの場合も、ストレージチョークの電気エネルギーは「バッファリング」されます。

良好なEMC動作と省スペース設計

SMP焼結金属Prometheus GmbH&Co. KG(SMP)は、多用途の産業用途向けの周波数コンバーター用の誘導部品を提供しています。 これらは一般に低損失であり、好ましいEMC動作を提供し、スペースを節約するように設計されています。 周波数インバータの入力にインストールされ、再生フィードバックのタスクを引き受けます。 インバーターの出力に組み込まれ、フィルターチョークとして使用されます。 省スペース設計と低ノイズのため、チョークは周波数変換器の中間回路でも単一チョークとして使用され、コモンモード設計で使用されます。

高効率および低浮遊フィールド

チョークのコア材料は、低磁歪の粉末複合材料で構成されており、SMPはアプリケーションごとに個別に開発します。 これらの材料は、渦電流とヒステリシス損失が低く、非常に高い効率を実現します。 それらの低い漂遊場は、コンポーネントの閉じた設計によって引き起こされます。 これにより、スロットルの影響を磁気的に受けることなく、他のコンポーネントをスロットルの周囲に配置できます。 コンパクトな設計により、チョークの体積が約25%減少します。

SMPチョークは、最大200 kHzの周波数と最大1000 Aの電流用に設計されています。 直径36から300 mmまでのサイズで、重量は50 gbis 130 kgです。 アプリケーションに応じて、IP00からIP66までの保護タイプが利用可能です。 チョークは180°Cの温度まで使用できます。 すべてのコンポーネントはRoHSおよびREACHに準拠しており、使用材料はULリストに記載されています。 誘導部品の用途は、風力タービン、ソーラーインバータ、鉄道技術、医療技術、および駆動技術とパワーエレクトロニクス用のコンバータに見られます。


メーカーの別の寄与 このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています 表示するにはJavaScriptがオンにする必要があります!