業界最新

ケーブルとワイヤを接続するためのコネクタ

wago0518ACHEMA 11.0ホール、ブースC28
AUTOMATICAホールB6、ブース111

ワゴ、実証済みのものを紹介 ターミナルブロック "トップジョブS"2つの新しい作動バージョンのレバーとプッシャーを使用して、ターミナルブロックを操作開口で補完します。 コネクション・スペシャリストはあらゆるアプリケーションに最適なソリューションを提供します。

プッシャー付端子ブロックTop Job Sのクランピングポイントは、自由に選択可能なツールで開きます。 オレンジプッシャーによって、アクチュエーターは導線が導入されなければならない導線導入とはっきりと迅速に区別されます。 プッシャー付スルーターミナルは、0,14から25mm²までの断面積に対応しています。 それらは、2導体、3導体、およびサイズに応じて4導体バリアントとしても利用できます。

レバー付きトップジョブS端子ブロックでは、クランプポイントがレバーで開閉されるため、手で簡単に締め付けられます。 レバーが開位置で停止します。 このように、終点が明確にマークされ、大きな断面を有する接続自体が困難フレキシブル導体のため両手フリーれます。 レバー付き端子台は、それが最初の公称断面2,5、6と16mm²のに与えます。 それらは、2はしごと3はしご形として利用できます。 フィールド側にはレバーがあり、内部配線にはプッシャまたはアクチュエーションポートがあります。

すべてのトップジョブSには、開口部、プッシャー、レバーがあるかどうかにかかわらず、プッシュイン技術が装備されています。 このフレキシブル導体は気密圧着フェルールと0,75のmm²の断面から直接次固体導体を差し込むことができます。

ハノーファーメッセでイベントを発表


メーカーの別の寄与 このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています 表示するにはJavaScriptがオンにする必要があります!

このウェブサイトは、