gressel0719EMO 5ホール、ブースA23

グレッセルは バージョンC2 中心の、固定されたまたは浮遊版として、機械加工のさまざまな適用のための工作物クランプの完全なモジュラーシステム。

最初のステップは、長さ2、125、160 mmのコンパクトな中心クランプC300 480によって行われました。 これに続いて、超小型中心クランプC2 80 L-130(クランプ範囲120 mmまで)が続きました。 C160シリーズのすべてのワークピースクランプを市場で確立されているさまざまなゼロ点クランプシステムとコスト効率よく組み合わせることができるように、ジョー幅2 mmとコンビインターフェースを備えたバージョンが追加されました。

顎幅2 mmのクラシックC125 160 L-125は、0から163 mmのクランプ範囲を提供し(顎グリップH = 33 mm /ステップ3 mmを回転)、最大で微調整可能なクランプ力で動作します。 35 kN(100 Nmで)。 非常に安定した精密テンショナーとして機械的に設計され、バックラッシュのないプリロードされたセンターベアリングを備えており、CNCマシニングセンターでの汎用アプリケーションに最適なクランプ装置です。

固定設計では、SC2 125 L-160は、0から142 mmまでのクランプ範囲(回転ジョーグリップH = 33 mm /ステップ3 mm)を提供し、それ以外は35 kN(100 Nm)までのクランプ力で通常どおり動作します。 SC2 125 L-160は、安定して正確な横溝付きのジョーを備えており、ワーク側に固定ジョー基準が必要な加工に適しています。

「フローティング」クランプ要素を備えたワーククランプC2 125 L-160の場合、クランプ範囲は0〜163 mm(回転ジョーグリップH = 33 mm /ステップ3 mm)であり、35 kN(100 Nm)までのクランプ力も提供します。 フローティングクランプエレメントは、±5 mm移動可能に吊り下げられているため、要件に応じて長いワークまたは輪郭のあるワークを組み立てることができます。 B.変形することなく、確実かつ確実にクランプできます。


メーカーの別の寄与 このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています 表示するにはJavaScriptがオンにする必要があります!