業界最新

金属加工産業用ツール

gmn10315技術記事

ホール9でEMO、D33スタンド

GMNは、新しい範囲を提供します 高速スピンドル 前に非常に効率的な水粘性減衰を使って。 ここでは標準的なスピンドルと比較して最大65%まで固有振動を減らすことが可能でした。 これにより、より高い切削深さ、ひいてはより大きな切りくず除去率で部品を安定して加工できるため、より経済的なワークピース加工が可能になります。 荒加工だけでなく、仕上げや研削にも使用できます。



高速スピンドルは、動的剛性が大幅に改善されていることが特徴です。 GMNの開発および設計責任者であるBerndMöller:「水力粘性システムは、固有振動数の減衰を大幅に改善します。 たとえば、軸方向では、動的剛性を最大135%改善できます。 これにより、機械加工プロセスでの自然振動が大幅に減少し、非常に優れたコンポーネント品質を実現できます。」

一方、高切削力の標準スピンドルでは、弱められた固有振動数のためにチャタリングがしばしば発生します。 強いノイズは、自然振動の強い励振を示しています。 表面が粗く、部分的に傷が付いている、エッジが強く波打っている、溝が広がっている、工具が破損している、さらにはスピンドルが破損しているなどの深刻な結果です。

安定した切込み深さの倍増

gmn20315Rheinisch-WestfälischeTechnische Hochschule Aachenの工作機械研究所(WZL)による調査によると、280と18000 min。の間の速度での最小安定切削深さは、HSK-60を備えた高速スピンドルHCS 100-10.000で高かった-1 倍になる 油圧粘性減衰スピンドルを使用すると、好ましくない速度であっても、6 mmの侵入深さまで良好な表面が安定して達成されました。 対照的に、標準的なスピンドルは同じ条件下でわずか3 mmに達しました。

内面の表面品質と表面研削も著しく向上します。 GMNは、独自の生産条件で、水粘性のあるスピンドルで達成されました。たとえば、従来のモデルの0,89ミクロンと比較して、2,36ミクロンの粗さしかありません。

標準モデルと同じで、後付けが簡単

gmn30315高速スピンドルは、独自の小型で省エネの油圧パワーパックで自走します。 油圧は、スピンドルのベアリング予圧を制御するためにも使用できます。 したがって、主軸の剛性を変更できるため、加工作業、速度、工具に応じて動作を最適化できます。 予圧の増加により、低速域でのスピンドル性能が大幅に向上します。

油圧粘性減衰機能を備えた新しいスピンドルモデルは、フライス加工や穴あけ加工用のマシニングセンターや研削盤で使用できます。 標準モデルと外観が同一であるため、既存のマシンに簡単に後付けできます。

広範なフィールドテストが成功しました

GMN Hydroviskosは、今年のEMOで発売される前に、イタリアの製造業者のマシニングセンターで、広範囲の実用的なアプリケーションで既に減衰スピンドルをテストしました。 同社の顧客は、新しいスピンドルを使用して、航空宇宙産業向けのコンポーネントを生産しており、非常に満足しています。 開発および建設マネージャーのMöllerは、内製からも肯定的なフィードバックを受けました。「研削盤のオペレーターは、試運転後に新しいスピンドルを返却したくありませんでした。」
上の写真:減衰システムはスピンドルに完全に統合されています。 油圧を使用して、スピンドルのベアリング予圧を制御できます。

メーカーの別の寄与 このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています 表示するにはJavaScriptがオンにする必要があります!

このウェブサイトは、