schunk0315EMOホール10スタンドE06

Schunkは、特に工具や金型の製造に見られるようなアプリケーション向けに、直接ワークをクランプするためのモジュラーシステムを開発しました。 個々の部品と小さなバッチサイズの生産において、これは生産性と収益性を高めるためのパズルの重要なピースになります。 モジュラークランプコラムを使用すると、金型プレート、自由形状部品、およびその他のワークを、追加のクランプ装置なしで干渉輪郭なしで、数秒で機械テーブルに直接クランプできます。

クランプコラムは、衝突のない作業、定義されたクランプ状況、および加工の信頼できるシミュレーションを保証します。 さらに、クランプソリューションの高精度によるワークピースの変更は、非常に短時間で実現できます。

モジュラーシステムキットは、マシンテーブル用の「Vero-S WDB」ベースプレート、「Vero-S WDN」クランプモジュール(ø99 mmまたは138 mm)、および自由に組み合わせ可能な「Vero-S WDS」スタッカブルモジュールで構成されています。 後者は、30 mmと50 mmの高さで標準化されているため、80 mmの高さからクランピングコラムの高さを、10 mmの最高のグラデーションで特別なソリューションを必要とせずに変更できます。 個々のモジュール間のクランプ接続は、最大25.000 Nの引き込み力で特に強力であるため、高い加工パラメーター用に設計されています。 16進キーですぐに操作できます。 歪みのないワークのクランプを確保するために、連続的に調整可能な油圧張力の「Vero-S WDA」補正要素を使用して、高さの差を埋めることができます。

すべてのインターフェースは、バックラッシュのないテーパーセンタリングを備えており、個々のコンポーネント間で<0,005 mmの繰り返し精度を保証します。 統合されたエアフィードスルーを介して、クランプモジュールを作動させることができ、外部のメディアフィードを必要とせずにワークの存在を調べることができます。 実際のワークのクランプは、バネ力によりエネルギーに依存せず、セルフロックおよび形状適合です。 エアシステムの圧力が突然低下しても、ワークピースはしっかりと固定されたままです。 クランプモジュールを開くには、6バーの空気圧システム圧力で十分です。 クランプコラムの直径に関係なく、標準のVero-S標準クランプボルトSPx 40が使用されます。 耐用年数とプロセスの信頼性を高めるために、ボディやコッキングスライドなどのすべての機能部品は硬化ステンレス鋼で作られており、完全に耐腐食性であり、清掃が非常に簡単です。
メーカーの別の寄与 このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています 表示するにはJavaScriptがオンにする必要があります!