joedden0314ウィーンブリッジによって励起される発振器は、ASICモジュールSM17によって制御されます ABヨッデン 一定の振幅と高い適合性を持つ正弦波に調整されます。 位相調整は必要ありません。 ディスクリート設定での精巧なチューニングは、レーザートリミングによりASIC SM17ですでに行われています。

誘導センサーの信号の必要な復調は、高いダイナミクスを備えたトラックアンドホールド回路によって実行されます。 カットオフ周波数は4kHzです。 動作電圧範囲は、±9 V〜±16 Vです。発振器出力OSには、10 kHzの周波数と5,0 Vの振幅を持つ交流電圧(正弦波)があります。

SM17 ASICモジュールといくつかの外部コンポーネントを使用すると、複数の誘導変位および角度トランスデューサーの評価用の高精度回路を実現できます。
メーカーの別の寄与 このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています 表示するにはJavaScriptがオンにする必要があります!