aicon0414ユーロモールド8ホール、ブースC90

「Part Inspect M」のスキャンコンセプトで Breuckmann 周囲の条件に関係なく、それらは完全に自動化され、さまざまな材料や表面をスキャンするために非常に正確になります。 高速デジタル化のために、このシステムには独自の測定室があります。3Dスキャナーは閉じたハウジング内の測定対象物をキャプチャします。

したがって、Part Inspect Mは、環境に関係なく、どこにでもインストールできます。実稼働環境、ラボ、または設計ワークステーションに直接インストールできます。 統合された回転式スイベルユニットは、オペレータの介入なしで完全に自動化されたデジタル化を提供します。 白色光スキャナーは、複雑な表面を完全かつ詳細にデジタル化します。 素材や表面仕上げに関係なく、システムは高精度の3Dデータを提供します。 非接触スキャンは、壊れやすいオブジェクトや変形可能なオブジェクトを必要な精度ですばやくキャプチャします。

個々の測定仕様に応じて、Part Inspect Mの納入範囲には、Breuckmann "stereo 「スキャン または「Smart スキャン製品シリーズ。 75〜350 mmの測定フィールドは、最大サイズが300 x 400 mmで、重量が最大15 kgのテストオブジェクトに適しています。 最大0,008 mmの精度が達成されます。

小規模バッチ検査、スポットチェック、リバースエンジニアリングまたはコンポーネント測定は、Part Inspect Mの適用分野です。特許技術のおかげで、クローズドスキャンシステムは、タービンブレードの入口および出口エッジなどのエッジの検査に特に適しています。 試験対象物の表面状態に関係なく、10分の1ミリの範囲の半径でも詳細に測定できます。 操作は、ワークショップ対応のシンプルなユーザーインターフェイスでサポートされています。 スキャンデータは、CAD設計と完全に自動的に比較できます。 登録された各コンポーネントの包括的な評価が可能です。
メーカーの別の寄与 このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています 表示するにはJavaScriptがオンにする必要があります!