HBM0215繊維複合材のような新しい材料は、鋼鉄を使用するのに比べて重量を減らしながらより安定した構造を可能にします。 特にこれらの材料が性能限界に達するように設計されている場合、従来のひずみゲージは機能しなくなり、計測学に新たな課題を投げかけます。 の新しいシリーズで ひずみゲージ 繊維複合材料用の(DMS)HBMはこれに適したソリューションを提供します。

ひずみゲージは、従来のひずみゲージよりもはるかに高いひずみレベルでより多くの負荷サイクルを実現します。 たとえば、Mシリーズの寿命試験中に、10μm/ mのひずみレベルで2000ミリオンの負荷変更が可能になりました。 測定グリッドにニッケルとクロムの特殊合金を使用し、キャリア箔にガラス繊維強化フェノール樹脂を使用しているため、Wöhler曲線で記述された耐用年数を改善できます。 Mシリーズは、さまざまな形状の在庫から入手可能で、グリッド長と温度調整を測定します。
メーカーの別の寄与 このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています 表示するにはJavaScriptがオンにする必要があります!