業界最新

光学的パラメータの取得のための測定技術

マイクロepsilon02152異なる材料で製造された異なる製造元の部品がアセンブリに組み合わされるとすぐに、必要な色の値を安全に守ることが品質保証の重要なトピックになります。 インライン測色システム」カラーコントロールACS7000」の マイクロイプシロン 射出成形部品の色は、冷却後だけでなく、金型から取り出した直後に制御することができます。 記載された方法は時間を節約し、XNUMX%制御を可能にする。

プラスチック射出成形時に製品の正確な色合いを100%制御するために、Plastic Center SKZはさまざまな表面の方法を開発およびテストしました。 これは、温かい部分と冷たい部分の間の色の経験的に決定された相関関係に基づいていました(熱変色挙動)。 20°Cの温度差があっても、色によっては2ΔE単位を超える色偏差が発生する場合があります。 Colorcontrol ACS7000による色測定と、 赤外線センサー「温度計CT「複数の異なる温度レベルでマスターカーブを作成します。 着色ポリマーのサーモクロミック挙動を説明しています。 暖色成分でまだ決定されているこの色の値は、室温に変換できます。

ソフトウェアに保存されている事前に決定された冷却曲線を使用して、離型温度で決定された色値を20°Cの基準温度に変換できます。 色は自動的に、以前よりも早くチェックされます。 これにより、従来のサンプルと比較して生産性と収量を最適化できます。
メーカーの別の寄与 カタログ このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています 表示するにはJavaScriptがオンにする必要があります!

このウェブサイトは、