業界最新

業界からの新しい展開

Tanaka1018田中貴金属 フィルム基板上に高品質のフレキシブルタッチディスプレイを製造するナノ銀配線技術を開発しました。 70°Cで焼結可能な新しいナノ銀インクは、プラスチック上の目に見えない導体トラックを印刷するため、およびITOプロセスを使用してエッチングするためのフレキシブル金属膜を製造するために適しています。

彼らは何年も話してきましたが、まだ買うことはできません。柔軟なディスプレイを備えたスマートフォンについて話しています。 2020、おそらく2019が登場する最初のモデルです。 それまでは、克服すべき技術的ハードルはまだあります。 最高のハードル:柔軟性があり、同じまたはより良い光学特性を有するタッチセンシティブタッチディスプレイ。 現在使用されている高価なITO技術では、トレースがガラス基板にエッチングされているため、曲げたときにディスプレイが直ちに破損することがあります。 貴金属のスペシャリストの2つの新技術は、これらの欠点を克服し、柔軟なディスプレイを備えたスマートフォンの生産を可能にします。

第1の技術では、タッチ機能のためのトラックは銀含有インクを有する微細な金属メッシュとして印刷される。 他の会社も既に金属メッシュセンサーを開発していますが、そのトレースは7ミクロンまで幅があり、したがって目に見えて邪魔になります。 田中プロセスでは、4μm以下の痕跡があり、肉眼では見えないようになります。画像品質は高く、耐久性もあります。 これまでの印刷プロセスは、130°C以上の温度でしか機能しなかったため、PETなどの熱に敏感なプラスチックには作用しませんでした。 焼結温度を70℃に下げることに成功した。 その秘密は、10と100 nmの間に高濃度の小さな銀ナノ粒子を含むインクと、新しいプロセスプロセスにあります。 この技術は、ディスプレイがフィルムウェブ上に印刷される、ロールツーロールプロセスの迅速で費用効果の高い方法に適しています。

大手投資を避けるためにITOプロセスを引き続き使用したいと望むディスプレイメーカーも第2の技術を提供しています。 ナノ銀インクは、ITOプロセスを使用してエッチングできる大面積銀フィルムを製造するためにここで使用されていますが、可撓性ディスプレイに必要なフレキシブル基板上にあります。


メーカーの別の寄与 このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています 表示するにはJavaScriptがオンにする必要があります!

このウェブサイトは、