業界最新

業界からの新しい展開

contaclip1018FMBホール20、ブースC26

新しいです 実装システムKDS-FB Conta-Clipの工業用フラットケーブル用に必要な導体ブッシングは、時間をかけずに工具を使用せずに接続できる基本的なコンポーネントがいくつかしかありません。

可変ケーブル管理システムにより、製造業者は将来のケーブルグランドの配線要件に関する詳細な知識がなくても、機械のキャビネットまたはキャビネットを事前に製造することができます。 挿入チャネルのサイズにかかわらず均一な外形寸法を有するシール要素の簡単な交換は、必要に応じていつでも配線を適合または変更することができる。

KDS-FBには、フラットケーブルと丸型ケーブルを実装するための4つのフレーム幅とさまざまなサブディビジョンがあります。 関連するシール要素は、産業上使用されているすべてのフラットケーブル寸法を網羅しています。 ブッシュを組み立てるために、ワンピースフレームをハウジングまたはマニホールドの外側から準備されたポートにねじ込む。

続いて、フラットケーブルをシール要素の挿入溝を通して押し込むだけでよく、これらは内側からフレーム開口部に押し込まれる。 フレームに注入されたTPEガスケットは、IP66に従って高レベルの気密性を保証します。 シーリングエレメントの場合、シーリングギルは外側と挿入チャンネルの両方の絶対的な気密性とフレーム開口部およびリードスルーの確実なシーリングを保証します。


メーカーの別の寄与 このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています 表示するにはJavaScriptがオンにする必要があります!

このウェブサイトは、