インダストリー・アクチュエル
建設と開発のためのニュースポータル
IGUS
ロドリゲス

SPNSPNシュヴァーベン精度 汎用性の高い遊星歯車を開発しました。 E2シリーズは、特にコンパクトでシンプルで堅牢な設計が特徴です。 シリーズ名の「E」は「Economy」を表します。 先行シリーズのE1と同様に、10 '(1段)または15'(2段)のみの低バックラッシュを達成できました。

ギアユニットには、E22〜E25の225つのサイズがあります。 サイズに応じて、出力トルクは最大13 Nmに達します。 サイズに応じて、i = 4シングルステージからi = 100/XNUMXステージへのXNUMXの変換が可能です。 SPNのセールスマネージャーGearであるAntonLösch氏は次のように述べています。 「現在、特殊なギアボックス構造からメカトロニクス、ラックやさまざまな標準ギアボックスまでの部分自動化ソリューションまで、幅広い駆動技術があり、多くの関係者や業界にとって魅力的です。」

コンパクトで頑丈な遊星歯車の顧客側に特に焦点を当てているのは、工具、一般的な機械およびプラントの建設です。 ドライブおよび出力用に選択された標準フランジ寸法は、市場で一般的なフランジ寸法と互換性があります。 製造業者はまた、顧客固有の出力バリアントや特殊な寸法と設計も可能であることで知られています。


ウェブキャスト このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています 表示するにはJavaScriptがオンにする必要があります!

NORD
Auvesy
マイヤー