インダストリー・アクチュエル
建設と開発のためのニュースポータル
Tretter
Rollon
マイヤー
EKS
三菱

ジェームズJakob Antriebstechnikは、新しいシリーズを提供しています サーボカップリング 片側フランジ接続。 モデルKPEおよびKPP-Fを使用すると、DIN EN ISO 9409-1に従って標準化された機械的インターフェースでギアボックスとモーターを接続できます。 どちらのタイプも、絶対ゼロバックラッシュ、高いねじり剛性、ミスアライメントの補正、高い動作トルクなど、金属ベローズサーボカップリングの生産固有の利点を保証します。

そのため、サーボカップリングは幅広いアプリケーションに推奨されます。 XNUMX部接続フランジを備えたKPEシリーズの利点は、コンパクトな設計と簡単な設置です。一方、プラグインバリアントKPP-Fは、アクセスが難しい設置条件で特に役立ちます。

両方のカップリングは、標準フランジの31,5〜160 mmのボルト円直径に使用できるため、広範囲に対応できます。 それらは、最高品質の材料で特徴付けられます。フランジリングとクランプリングハブは、例えば、軟窒化鋼で作られ、クランプハブと溝付きリングは、高強度アルミニウムで作られています。 ベローズはステンレス鋼で作られており、300°Cまでの温度に耐えることができます。 メーカーが開発および特許を取得したフレア圧入プロセスにより、金属ベローズとハブの最適で遊びのない接続が保証されます。 公称トルク1600 Nmのモデルに使用されるようなスチールまたはステンレススチールハブの場合、独自の製品品質に対する妥協のない要求を満たすために、特別なマイクロプラズマ溶接プロセスがベローズを接続するための代替手段として使用されます。


メーカーの別の寄与 このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています 表示するにはJavaScriptがオンにする必要があります!

ロドリゲス
Gimatic
Optris
シュメアザール
キップ・ヴェルケ
シェフラー
Elmeko
Baumer
ミネベア
EKS
Tretter