インダストリー・アクチュエル
建設と開発のためのニュースポータル
IGUS
ロドリゲス

LMS最近ピック&プレースを持つ リニアモーターシステムLMS M 絶対長さ測定システムを装備し、これはLMS Eにもなりました2 利用可能。 さらに、リニアモーションテクノロジー社は、自立型デザインを最適に補完するベースプレート付きの変種を提供しています。 2乗効率 - LMS Eで2 1年以上もの間、ウィーンに本拠を置くKMLは、お客様が特に高い加速度値、正確さ、およびメンテナンスの自由から利益を得ることを可能にするリニアモーターシステムを提供してきました。

LMS Eを使用2 追加費用なしで歯付きベルトとボールねじ軸を交換することが可能です。 タイミングベルトとスクリュードライブの両方が特定のダイナミクスから機械的/物理的限界に達するため、リニアモーターは他のドライブソリューションと比較して大幅に高いダイナミクスで得点します。 「メンテナンスがないという事実は、LMS Eの需要の増加に決定的な貢献をしました。2KMLのテクニカルディレクターであるWerner Uibeleis氏は次のように述べています。 実際、歯付きベルト軸とは対照的に、ボールねじ軸に定期的に必要な歯付きベルトまたは潤滑剤の張力を再調整する必要はありません。

LMS E2 現在、オプションで利用可能な絶対長さ測定システムが装備されています。 誘導式でメンテナンスフリーで非常に堅牢な絶対長さ測定システムの最大の利点は、システムが停止した後-たとえば緊急停止スイッチオフのため-リニアモーターシステムを新たなスタートのためにホームさせる必要がなくなることです。 このリニアモーターシステムの典型的な応用分野では、時間のプレッシャーが高く、プラントのダウンタイムに費用がかかるため、これにより重要な時間が節約されます。 統合された絶対長さ測定システムにより、すぐに再起動できるようになりました。

LMSE²と従来のドライブを備えた車軸の比較研究により、36か月以内の運用コストは、パフォーマンス指向のLMSE²の場合よりも約100%高いことが示されています。 絶対的に言えば、これは900ユーロを意味します。 LMSE²シリーズのダイレクトドライブテクノロジーも非常に高い効率を提供するため、エネルギー消費はほぼ一定です。 対照的に、従来の駆動ソリューションには、必要なコンポーネントのためにいくつかの影響を与えるコンポーネントがあり、効率が低下します。 LMSE²シリーズのエネルギー消費は、平均動作時間で20%低下します。

LMS E2 高い再現性を犠牲にすることなく、高ダイナミクスで軽負荷から中負荷に移動するように設計されています。 特定の用途のために、製造業者は、自立型の剛性のあるバリアントに加えて、ベースプレートを備えたバージョンも提供しています。 ユーザーは、特にクロステーブルとガントリーシステムをセットアップする際に、さらに大きな柔軟性の恩恵を受けます。 多軸システムにはLMS Eがあります。2 実装がより簡単かつ迅速になりました。


メーカーの別の寄与 このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています 表示するにはJavaScriptがオンにする必要があります!