インダストリー・アクチュエル
建設と開発のためのニュースポータル

チュー移動しにくく質量、より速くそれが行く。 この単純なアプローチではあります IEFヴェルナー 市場に名前2 AL / ALと2 15 / 2の下、2つの異なるモデルで16軸位置決めを開始しました。 特別な機能は:システムのZ軸を駆動するために、エンジンを搭載していませんが、それは外部からマウントされています。 この重量減少による大幅なサイクルタイムを向上させることができます。 新しい概念を使用するには、したがって、どこでも高加速度に配置されなければならないです。

医療技術、マイクロアセンブリ、または電子産業で使用される自動化アプリケーションには、特別な、場合によっては非常に高度な位置決めシステムが必要になることがよくあります。 たとえば、最大の繰り返し精度を備えた高速で正確な位置決めが必要です。 AL 2/15およびAL 2/16は、他の55軸デカルト位置決めシステムと比較して、サイクルタイムを大幅に短縮できます。 これは、Zの動きを引き継ぐModul XNUMX ZOMリニアユニットによって保証されます。 モーターはこのリニアユニットに取り付けられていません。 これにより、大幅な重量の節約が保証されます。したがって、はるかに高速な動きが可能になります。

ドライブユニットは、位置決めシステムの側面に外付けされています。 モーターの動力は、歯付きベルトを介してモジュール55 ZOMにリダイレクトされるため、Z軸上での移動が保証されます。 複雑なエネルギー供給システムを省くことができ、単純なロボットホースで十分です。 その結果、移動時のケーブルの摩耗がなく、システムは時間とお金を節約するように設定されています。

最大荷重4 kgで、Z軸の最大移動速度2 m / sが±0,05 mmの繰り返し精度で可能です。 システムの最大作業領域は1500 x 460 mmです。 位置決めシステムは、PA-Control Smartコントロールと2つのLV-servoTEC S16サーボアンプを介して制御されます。 この制御により、CANopenバスを使用して最大12の電動軸を駆動できます。 標準の8入力とXNUMX出力は、CANインターフェースを介してほぼ希望どおりに拡張できます。 CANopenを介してタッチスクリーンディスプレイをコントローラーに接続することもできます。

大きなストロークまたは自立構造が必要な用途では、AL 2/15バリアントは、ねじれ剛性が高いため、AL 2/16よりも好ましいです。 X軸として使用される基本単位は、線形単位モジュール160/15です。 このギアユニットリニアユニットは、コンパクトな機械寸法だけでなく、80 mmの距離に配置されたXNUMXつのプロファイルレールガイドによるスライドへの高いトルク吸収が特徴です。

コントロールホール7、7226スタンド


メーカーの別の寄与 このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています 表示するにはJavaScriptがオンにする必要があります!

Kocomotion電話-すべて
Pepperl + Fuchsの
Auvesy
テュルク
NORD
ハーティング
IGUS
マイヤー
Rollon
Gimatic
シュメアザール
三菱