インダストリー・アクチュエル
建設と開発のためのニュースポータル
マイヤー
ミネベア
EKS

NSKEMOホール7、ブースB 16

NSKは特に工作機械業界向けのボールねじ用の新しいシールコンセプトを開発しました。 X1シールの開発の目的は、これまで使用されてきたラビリンスシールの性能と機能を2つの決定的な方法で上回ることでした。 第一に、新しい開発は改善されたシール効果を有するべきであり、第二に、この改善された機能は低摩擦を伴うべきである。

一方では、ボールねじのシールは内側にシールして潤滑剤が漏れないようにしなければなりません。 一方、粒子が外部からボール、スピンドル、ナットの接触面に侵入するのを防ぐ必要があります。 これらの1つのタスクごとに個別のシールが開発されています。スピンドルから粒子を除去する外部ワイパーと、グリースを保持するXNUMX番目のワイパーです。 シーリングリップの形状のコンピューターによる最適化のおかげで、摩擦が大幅に減少しました。 XNUMXつのシールの動作方向に基づいて、アンギュラ玉軸受の配置に由来する「XXNUMXシール」という名前が選択されました。

実際には、仕様で設定された目標を超えました。 剥離効果は3倍高かった。 ラビリンスシールと比較して、わずか1%の汚れの侵入が測定されました。 同時に、通常の量のグリースの1分の1しか逃げません。 彼らはまた、摩擦をわずかに増加させたいだけでした。 テストでは、XXNUMXシールは予圧による摩擦をXNUMX%だけ増加させることが示されました。 シーリングのコンセプトは、滑らかな走行特性と精密ドライブのエネルギー効率にも貢献します。 新しいXXNUMXシールは、工作機械用の最新世代のNSKボールねじのオプションとして提供されます。


メーカーの別の寄与 このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています 表示するにはJavaScriptがオンにする必要があります!

キップ・ヴェルケ
三菱
Tretter
Rollon
Gimatic
マイヤー
NORD
EKS
Rollon
ハーティング
シュメアザール
Pepperl + Fuchsの
三菱
IGUS