インダストリー・アクチュエル
建設と開発のためのニュースポータル

カンメラーA7としてEMOホール13

カンメラーGewindetechnik 工作機械(工作機械)用の高性能ボールねじのための新規なフィードバックの原則を提示します。 ボールのフィードバックシステムは、ねじ駆動のボールチェーンでノイズと内部摩擦を低減します。 また、生産技術研究所、カールスルーエ工科大学(KIT)関与しているであった共同研究プロジェクトの下で開発されています。 プロジェクトの目的は、工作機械、建設のためのシステム·コンポーネントの開発である。

協力パートナーとして、同社は、マウントされたボールねじにE.レイツNatursteintechnik機械ベッドを製造するための材料としての新規セメントコンクリート(UHPC)を開発しています。 減衰、剛性、​​熱応答、およびその他のパラメータについては、ボールねじとマシンベースの相互作用は、現在キットで検討されている。 参照は比較に同じ次元にある溶接鋼管建設機械のベッドとして設計、従来のものである。

"単一のソースから機械ベッドと駆動技術を組み合わせることで、我々は完全なシステムを必要とするいくつかの機械メーカーの需要を満たすようにしたい、"ピーターカンメラー、Hornbergerスレッド技術の専門家の技術的なマネージングディレクターは述べています。 ボールねじのまだ発展潜在力が利用可能であり、駆動素子としてボールねじを強化するために行使されなければならないこと "駆動技術の議論はショー。 代替駆動技術にもかかわらず、ボールねじはまだ工作機械を駆動する上で最も重要な要素とみなされている。 "


メーカーの別の寄与 このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています 表示するにはJavaScriptがオンにする必要があります!