インダストリー・アクチュエル
建設と開発のためのニュースポータル

siko0712」とは、ドライブライン」アクチュエータ AG05は現在、機械工学におけるフォーマット調整のために異なるレベルの自動化を備えたSiko 3栽培対応ソリューションを提供しています。 機械のコンセプト、調整頻度、プロセスの信頼性に応じて、手動、監視、または完全自動化された主軸位置決め用のオーダーメイドの製品が現在入手可能です。

機械式デジタル位置インジケータDA04およびDA09Sは、手動調整を行う基本的な機械に適しています。 電子式位置インジケータAP04を使用した手動調整の監視では、設定値がコントローラからディスプレイに転送されます。 光学ステータスディスプレイとのターゲット/実際の比較により、フォーマットを変更する際の機械オペレータがサポートされます。 同時に、実際の値と正しく設定された軸を介してフィードバックが制御システムに送信されます。

XNUMX日にわずかなフォーマット変更が行われるだけで、フィールドバスのコンパクトなアクチュエータを使用して自動フォーマット調整を行うことができます。 調整時間を最小限に抑えることにより、プロセスの最適化と生産性の向上が実現します。 さまざまなフィールドバスまたはイーサネットシステムへの統合が保証されています。

位置インジケータDA09S、AP04、およびコンパクトアクチュエータAG05は、取り付けと互換性があるため、交換可能および機械的に交換可能です。 したがって、機械メーカーは、顧客の要件に応じて、機械の自動化の度合いを個別に調整できます。


メーカーの別の寄与 このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています 表示するにはJavaScriptがオンにする必要があります!