インダストリー・アクチュエル
建設と開発のためのニュースポータル

kokomotionホール3は、D77スタンド

特許取得済みの「Servotrack」ステップ周波数コンバーター KOCOモーション DCサーボモーターへの完璧なモーター監視により、ステッピングモーターになります。 サーボトラックコントローラーの応答時間は50 nsと非常に速く、15と10マイクロステップの間の256解像度でマイクロステップを処理します。 既存のシステムに統合すると、zを実行できます。 B.通常、既存のクロック/方向制御が引き続き使用されます。 その後、コントローラーはコントローラーとドライバーの間で統合されます。 ステッピングモーターに必要なのは、少なくとも100ラインを備えたエンコーダーのみです。このエンコーダーは、中間サーボトラックコントローラーで評価されます。

このモジュールを使用すると、転倒モーメントを超えてもステッピングモーターが脱調することがなくなり、ステップが失われなくなります。 モーターはDCサーボモーターのように動作します。 クロック/方向入力zで動作中。 B.必要に応じて、増加したトルクを必要に応じて停止状態にできるようになるまで、高すぎる負荷で速度が低下するように、必要に応じて入力ステップレートが変更されました。

エンジンの全トルクを活用できるため、大幅に動的な加速およびブレーキ操作が可能です。 したがって、ステッピングモーターの一般的な制限はなくなります。 さらに、高トルクと位置決め能力の利点を維持しながら、電力損失ははるかに低くなります。 これにより、ドライブの寸法を決める際に最大50%の安全マージンを考慮する必要がなくなります。 パラメータ化は、USBインターフェイスとグラフィカルユーザーインターフェイス(GUI)を介して非常に簡単です。 サーボタイプのコントローラーのチューニングは必要ないため、迅速な改造とセットアップが可能です。

ステッピングモータードライブの場合、トルクモードなどの新しい機能を使用できます。 この場合、限界トルクが定義され、それまでモーターが作動します。 これにより、スレッドテンショナー、ドライバー、クランプ装置、フィーダーなどのアプリケーションの可能性が広がります。これらは、はるかに低コストのステッピングモーター技術により、サーボドライブの代わりに実装できるようになりました。 モジュールには「速度」モードも含まれており、追加のコントローラーなしで、一定の速度を設定および駆動できます。 これにより、スペースとコストを節約できます。 Servotrack zを使用する場合。 コンベヤーベルトシステムのように、急速で大きな負荷変動のために発生する可能性のあるブロッキングを排除します。 ステッピングモーターシステムのもう1つの新機能は、「可変電流」モードです。 彼には、必要なトルクごとに実際に必要なモーター電流のみが提供されます。 これにより、従来のステッピングモーターシステムと比較して、エンジンの加熱を抑えながら、はるかに高いシステム効率が実現します。


メーカーの別の寄与 このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています 表示するにはJavaScriptがオンにする必要があります!

Pepperl + Fuchsの
Elmeko