インダストリー・アクチュエル
建設と開発のためのニュースポータル
ロドリゲス
IGUS

kocomotion

システムハウス KOCOモーション 500 Wまでの出力範囲で完全なドライブテクノロジーを提供-シンプルから 直流電動機 高精度のサーボ制御位置決めシステムまで。 展示会のプレゼンテーションの焦点は、「サーボトラック」モジュールです。 ステッピングモータ サーボモーターが動作できるように-従来の利点を維持しながら。 サーボトラックコントローラーの応答時間は50 nsと非常に速く、15と10マイクロステップ間の256解像度でマイクロステップを処理します。 既存のシステムに統合すると、zを実行できます。 B.通常、既存のクロック/方向制御が引き続き使用されます。

1000ラインを備えたホールセンサーとエンコーダーを備えたブラシレスDCモーターのBLMシリーズは、ACSシリーズのサーボコントローラーと共に、正確に制御された回転運動と位置決めのための強力なドライブの組み合わせを形成します。 最大約200の速度で、出力範囲は3000 Wまで上がります-1、 クロック/方向入力を備えた小さなマイクロステップ制御により、以前の製品範囲が完成しました。 広い電力範囲が80 Vの供給電圧まで拡張され、5,6 Aの実効相電流定格を提供するようになりました。EZI-サーボ「-Antriebe 統合制御で利用可能になりました。 最初のバージョンは、3つのサイズのクロック/方向入力です。 使用可能なエンコーダーの解像度は、1回転あたり最大20.000増分です。 ステッピングモーターの特許取得済みのDSPベースのサーボ制御により、1つのエンコーダ増分の制御精度を実装できます。

最後になりましたが、一連の「MDrive「ハイブリッドドライブ 大幅に拡大しただけでなく、 イーサネットTCP / IPインターフェースを使用 装備。 特許取得済みの統合「閉ループ制御HMI」(ハイブリッドモーションコントロール)は、以前は「AccuStep」として知られていました。 さらに、適切なネットワークに簡単に統合できるように、CANopenまたはEthernet TCP / IPインターフェイスを備えたバージョンのMotion ControlにMDrive Hybrid 23が追加されました。


このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています 表示するにはJavaScriptがオンにする必要があります!

NORD
Auvesy
マイヤー