インダストリー・アクチュエル
建設と開発のためのニュースポータル

ココモーション

Koco Motionには、「Mdrive「ハイブリッドステッピングモータードライブ 統合された特許取得済みの「閉ループ」制御により、HMT(ハイブリッドモーションテクノロジー)が大幅に拡張されました。 NEMA 17、23、および34のサイズのアクチュエータは、異なるバージョンで利用できるようになりました。 「Step-Torque-Speed」バージョンでは、制御は一方でクロック/方向入力を介して行うことができ、各クロックはモーターのマイクロステップに変換されます。

一方、ドライブは、速度またはトルクの基準としてアナログ入力を介して制御できます。 「モーションコントロール」バージョンでは、非常に強力なASCIIコマンドセットとRS485シリアルインターフェイスを使用してドライブをプログラムできます。 CANopenフィールドバスは、Mdrive Hybrid 23サイズでも入手可能です。 最新の開発として、イーサネットインターフェイスTCP / IPがこのシリーズに統合されました。これにより、ASCIIコマンドセットまたはModbusをソフトウェアプロトコルとして使用できます。

以前に「AccuStep」として知られている特許取得済みのハイブリッド制御は、ブラシレスDCサーボモーターのようにステッピングモーターを動作させます。 この新しい技術の助けを借りて、転倒する瞬間を超えてもステップから脱落することはできなくなり、ステップ損失はなくなりました。 転倒する瞬間まで負荷をかけることができ、負荷に応じて速度を下げることができます-停止する可能性があります。 これにより、ステッピングモーターの一般的な制限がなくなり、生成される電力損失が減少します。 ステッピングモーターに典型的な高い始動トルクと高分解能位置決め能力の利点は維持されます。 高速で利用可能なトルクは大幅に増加するため、より動的なアプリケーションを実現できます。

コントロールホール7、7226スタンド


メーカーの別の寄与 このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています 表示するにはJavaScriptがオンにする必要があります!

Kocomotion電話-すべて
ハーティング
Gimatic
IGUS
Pepperl + Fuchsの
NORD
Rollon
マイヤー
Auvesy
シュメアザール
テュルク
三菱