インダストリー・アクチュエル
建設と開発のためのニュースポータル

Kocomotion0212KOCOモーション Ethernet / IPインターフェースを搭載した「Motion Control」プログラマブルバージョンの統合型「Mdrive Plus」および「Mdrive Hybrid」ステッピングモータドライブを装備し、高集積電気ドライブおよびモーションコントロール製品のポートフォリオを完成させました。

広く使用されているフィールドバスEthernet / IPは、ユーザー組織ODVA(Open Devicenet Vendor Accociation)およびRockwell Automationによって国際標準規格IEC 61158で標準化されているEthernet TCP / IPデータ伝送に基づいています。 Mdriveドライブでは、設定プログラムを使用してIPアドレスと通信用のさまざまなパラメータおよびオブジェクトを設定します。 その後、それらは他のデバイスやコンポーネントと共に対応するイーサネット/ IPネットワークに簡単に統合することができます。

Mdrive Plus Ethernet / IPドライブは、2位相ハイブリッドステッピングモーターと1回転あたりの200フルステップ、高解像度マイクロステップドライブ、そして完全にプログラム可能なモーションコントローラーを統合しています。 任意選択で、駆動装置は一体型エンコーダを装備することができる。 モータ搭載コントローラは、潜在的なEMC干渉を大幅に低減し、ケーブル配線を最小限に抑えます。 特別なASIC(特定用途向け集積回路)は、ドライブの正確な動きと位置決めにより、可能な限り最小の設計と優れた走行特性を可能にします。 外部センサー、リミットスイッチなどを内蔵の入力/出力に直接接続できます。

Mdrive Hybrid Ethernet / IPドライブでは、特許取得済みの閉ループ制御HMI(ハイブリッドモーションコントロール)が、ステッピングモーターに典型的な「ステップ外れ」による落下を防止します。停止します。 したがって、モータはDCサーボドライブのように動作するため、それに応じて寸法を大きくする必要はありません。

Nema 23モータフランジサイズ(56 x 56 mm)には、それぞれ最大トルクが2 Nmまでの4つのモータ長と、リニアアクチュエータとして台形ネジ付きスピンドルを備えたバージョンがあります。 したがって、例えば自動化技術、測定技術または医療技術における多数の位置決め用途を非常に簡単かつ迅速に実施することができる。


video文 メーカーの別の寄与 このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています 表示するにはJavaScriptがオンにする必要があります!