インダストリー・アクチュエル
建設と開発のためのニュースポータル

kocomotion01141技術記事

KOCOモーション と半ば2013以来提供しています」Lexium MDrive「フランジにおける統合ステッピングモータドライブの新世代は、NEMAおよびNEMA 23 34のサイズ。 Lexium MDriveを簡単に設定またはプログラムされたすべての電気的インターフェースのためにドライブするユーザーフレンドリーな「Lexiumソフトウェアスイート」にすることができます。

ドライブ

kocomotion01142ドライブ側では、 "Step-Torque-Speed"バージョンはRS485構成と同様にクロック/方向入力と速度とトルク制御のためのアナログ入力を含みます。 "Motion Control with RS485"は、デジタル入力/出力、アナログ出力、および広範なシーケンスプログラムのコマンド転送とプログラミング用の豊富なASCIIコマンドセットMCODEを提供します。 「CANopenによるモーションコントロール」の修正はデジタル入力/出力を提供し、DSP402プロファイル(位置、速度、原点復帰、トルクおよび周期的同期位置)をサポートします。 最後に重要なことを言い忘れたが、「イーサネットによるモーションコントロール」バージョンは、デジタル入出力、ASCIIコマンドセットのMCODEとModebus / TCP、イーサネット/ IPプロトコル、そしてProfinetも間もなくサポートする。

ソフトウェア

ドライブのパラメータ設定とプログラミングには、4つの統合ソフトウェアモジュールを使用できます。ステップトルク速度では、パラメータはRS485を介して設定できます。 モーションコントロール(RS485)は、豊富なASCII命令セットを使ったプログラミングを提供します。 これにより、RS485とイーサネットを介して多数の補助機能とテスト機能を備えたそれぞれの統合電気制御をプログラムすることができます。 RS485とCANopenに対応するUSB​​コンバータが利用可能です。 モーションコントロール(Ethernet)はIPアドレスとプロトコルASCII、Modbus / TCP、Ethernet / IPとProfinetの設定を可能にします。 最後に、CANopenを使用してノードID、ボーレート、およびテストランを設定できます。

システム

kocomotion01143各Lexium MDriveシリーズは、要求されるトルクを実質的にカバーする3つのモーター長を持っています。 エンコーダ内蔵のバージョンには、特許取得済みのサーボ式閉ループ制御HMT(ハイブリッドモーションテクノロジ)が含まれています。 電気的に絶縁されたインターフェースとデジタル入力/出力、およびさまざまな内蔵保護回路と堅牢な接続プラグにより​​、とりわけ、過酷な電気的条件下でも動作を実行できます。 ドライブの背面にあるステータスLEDも、それぞれの動作ステータスの概要を示します。


メーカーの別の寄与 このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています 表示するにはJavaScriptがオンにする必要があります!