インダストリー・アクチュエル
建設と開発のためのニュースポータル
kocomotion0416SPS IPCはホール3、240スタンドをドライブ

協力してエレクトロニクスのスペシャリストがいます Adlos そしてドライブスペシャリスト KOCOモーション 新しいサーボシステム「Kannmotion」を開発。 これは1つからなる ステッピングモータ 統合されたエンコーダと直接マウントされたコントロール付き。

コンパクトKannmotionは閉ループとして設計されています。 また、サーボモータのように連続運転でも確実に機能し、コマンドまたはシーケンスプログラムでプログラムすることができます。 その適用分野は、位置決め作業、制御された連続操作、またはプログラムされた動作シーケンスが必要とされるあらゆる場所に見られます。 Kannmotionは最適化された価格性能比を提供し、17から23 NmまでのトルクでフランジサイズNema 24、0,4および3,0で利用可能です。 供給電圧は24 V、2 Aです。

通信はRS232インタフェースを介して行われます。 さまざまなコマンドを使いやすい端末プログラムを介して送信できます。 すべてのコマンドはドロップダウンメニューから選択できます。 各コマンドの説明は画面の右側に表示されます。 また、ASCIIコードを介して、サーボシステムを簡単にプログラムすることができます。

このプログラムは、追加の電圧範囲とインタフェースを使って2017に拡張されます。 初心者でも、このドライブはトレーニングを受けずに素早く使用できます。
メーカーの別の寄与 このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています 表示するにはJavaScriptがオンにする必要があります!