インダストリー・アクチュエル
建設と開発のためのニュースポータル
マイヤー
Rollon
Tretter
三菱
EKS
Firmware01172統合されたステッピングモータ駆動のプログラム可能なバージョン "Lexium mdrive「(LMD)の KOCOモーション 新しいファームウェアを得ました。 ソフトウェアバージョン6.006シュナイダーエレクトリックモーションUSA(SEM)は、モーションコントロールおよびイーサネット製品のために特にだったとLexiumモーションモジュール(LMM)のモーションコントロールのバージョンを設計しました。

ここに含まれる新しい機能は、SEMの統合ドライブ製品では使用できませんでした。 それらは、以前のリリースよりもスムーズな動きを提供し、より正確で、より柔軟で、より優れたプログラマビリティを提供します。

加速およびブレーキランプ用のSカーブに加えて、バックラッシュを補正することができ、バックラッシュのない操作が可能になります。 別の機能はバックラッシュを補正し、位置決め精度を改善します。 浮動小数点処理や三角関数などの高度な数学関数のおかげで、LMDをより適切に制御できるようになりました。 バルブの調整で起こるように、通常1回のモーター回転のみが実行されるアプリケーションでは、絶対位置としてのモーターシャフトの平坦化への基準移動が興味深いです。 「可変ステップ角」機能を使用すると、以前に固定された1,8度のステップ角に加えて、他のステップ角を設定できます。 さらに、ソフトウェア制御のエンドポジション位置を使用して、物理的なリミットスイッチを設置せずに正および負の方向に位置決めできます。

新しいファームウェアをサポートするために、SEMは構成プログラム「Lexium Software Suite」の新しいバージョン1.0.1.5もリリースしました。 とりわけ、このスイートは、モーションコントロール、イーサネット、CANオープン、およびクロック/方向インターフェースの4つのプログラムパーツまたは通信標準の統合をさらに改善します。
開発スカウトテレビ - 講演 メーカーの別の寄与 ファームウェアのダウンロード このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています 表示するにはJavaScriptがオンにする必要があります!
ロドリゲス
Elmeko
シュメアザール
EKS
ミネベア
Tretter
シェフラー
Gimatic
Optris
Baumer
キップ・ヴェルケ