インダストリー・アクチュエル
建設と開発のためのニュースポータル

Adrive0118A-Driveは非常にダイナミックな SMNシリーズのサーボモータ デジタルHiperface DSLインターフェイスを備えています。 もう1つのイノベーションは、既存のオートメーションシステムに容易に統合できるDrive-Cliqインターフェースのエンコーダーです。 これは電動シリンダに多くの利点をもたらし、アクチュエータをさらにスマートにします。

SMNシリーズの非常にダイナミックなサーボモーターは、Hiperface DSLを備えたシングルケーブルソリューションSMNHとして利用できるようになりました。 Hiperface DSLは、RS485標準に対応し、伝送速度は9,375 Mbaudです。 データ送信は、コントローラーサイクルに同期して行われますが、これは最大12,1 µsの短さです。 速度コントローラとフィードバックシステム間のケーブル長は最大100 mです。 小型のサーボドライブでは、追加の構造や延長された接続ハウジングは必要ありません。

デジタルプロトコルのおかげで、Hiperface DSLを備えたサーボモーターは、最小限の接続ケーブルで管理できます。 このシングルケーブルソリューションでは、センサーとエンコーダーのデータが別々のワイヤーで送信または変調されます。 Hiperface DSLを備えたサーボモーターの場合、設計者はモーターに統合された電子機器とデータプロトコルとしての信号伝送の恩恵を受けます。 これにより、インテリジェントで自己最適化され、完全にネットワーク化されたドライブシステムが可能になります。

Drive-Cliqシステムインターフェイスの開示により、サーボモーターとアクチュエーターにも対応するエンコーダーを装備できるようになりました。 これは、オートメーションシステムとアクチュエータの間でパラメータ化および制御データが自動的に交換されるため、試運転が大幅に簡素化されることを意味します。


メーカーの別の寄与 このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています 表示するにはJavaScriptがオンにする必要があります!