インダストリー・アクチュエル
建設と開発のためのニュースポータル
mitsubishi0414SPS IPCはホール7、380スタンドをドライブ

エネルギーとして4.0の意義の範囲内ファクトリーオートメーション業界向けの新製品の数はのハイライトの一つであるユニット、サーボコントローラMR J4-TMと新しいHMI​​ GSシリーズアシスト 三菱電機、 包括的なソリューションは、エネルギーバックプラント内のサーボモータの回生エネルギーを供給するために、インテリジェントに特に効果的な方法として、ユニットアシスト示す。 マシンのエネルギー·ピークの範囲内の再生可能エネルギーを活用することによって大幅に低減することができる。

このソリューションは、30 kWを超える高エネルギー消費のシステムに特に適しています。 さらに、自動化会社は、サードパーティの制御およびネットワークテクノロジー向けのサーボテクノロジーを初めて公開しています。 Anybusプラグインカードと組み合わせることにより エフ@ ctoryアライアンス パートナーHMS Industrial Networksは、サーボコントローラーMR-J4-TMがサーボテクノロジーをオープンネットワークに接続できるようにします。 プラグインカードにより、必要な互換性が確保されるため、マシンビルダーは、日本のコンパクトで強力な技術のすべての利点を常に使用できます。

スタンドでのもうXNUMXつのハイライトは、新しいHMIクラスである特にコスト効率の高いGSシリーズです。 このシリーズの操作パネルは、機械視覚化の世界へのシンプルで柔軟な入力オプションを提供します。 すべての一般的な基本機能に加えて、データロギング、FAトランスペアレント、またはオペレーター認証などの追加機能が含まれています。

スタンドの他の新製品には、GOT2000シリーズの新しいGT25モデルとハイエンドGT15シリーズの27インチのバリエーション、Scada制御用の費用効果の高いスタンドアロンソリューションMAPS HMIおよび最適化されたものが含まれます。特にシンプルで高速なシステムセットアップのためのパッケージング業界向けのパッケージングソリューション。
開発スカウトテレビ - エキスパートパネル メーカーの別の寄与 このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています 表示するにはJavaScriptがオンにする必要があります!