インダストリー・アクチュエル
建設と開発のためのニュースポータル
mitsubishi10414三菱電機 新しいを持ってい サーボコントローラ「MR J4とのAnybus-カードで発表-TM」 エフ@ ctoryアライアンス パートナーHMSインダストリアルネットワークスは、組み合わせることができます。 その機械メーカは、常に日本から非常にコンパクトで高性能な技術を最大限に活用できる​​ように、このソリューションにより、企業は、コントロールとネットワークサードパーティの技術のために、その最初のサーボ技術をオープンします。 プラグイン·カードが必要な互換性が保証されます。

多くの場合、機械技術者は顧客の仕様によって特定のプロバイダーのコンポーネントに拘束されます。 ただし、MR-J4テクノロジに基づくMR-J4-TMサーボアンプを使用すると、プラント建設業者は、規定の制御にもかかわらず三菱電機のサーボテクノロジを使用できます。 MR-J4シリーズの特殊機能(1次および2次の振動抑制、ワンタッチ調整機能など)も使用できます。

Mitsubishi Electric Europe BV、サーボモーション/ LシリーズCE-HUBのプロダクトマネージャー、アミールデナヴィは次のように説明しています。「当社のコアコンピテンシーの1つはサーボテクノロジーです。 たとえば、三菱電機のサーボ製品とヨーロッパのメーカーのサーボ製品をサイズと性能の面で比較すると、当社のコンポーネントは30から40パーセント高い電力密度を提供します。 つまり、当社の製品は、同じまたはより高いパフォーマンスを得るために、他のメーカーの半分のサイズであることがあります。」

最初のバージョンでは、MR-J4-TMにはEthercatプラグインカードがあります。 次のステップは、Profinetバリアントです。 さらにオプションが続きます。 このようにして、マシンはさまざまなイーサネットシステムに迅速かつ簡単に適応できるため、さまざまな制御およびネットワークテクノロジーで世界中で使用できます。
開発スカウトテレビ - エキスパートパネル メーカーの別の寄与 このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています 表示するにはJavaScriptがオンにする必要があります!