インダストリー・アクチュエル
建設と開発のためのニュースポータル
Mitsubishi10116三菱電機 特別産業の現在と将来のエネルギー需要シリーズのために開発された中電圧変換器で発表。 コンパクト、モジュラーインバータ「Tmdrive-Mve2は「絶縁ゲート電極(IGBT)と業界最高の効率を提供し、標準的な再生能力(回復)、バイポーラトランジスタを進めてきました。

中電圧コンバータは、永続的に信頼性が高く、エネルギー効率が高い必要があります。 したがって、それらは通常、堅固なキャビネット構成を備えています。 ただし、柔軟なMve2キットにより、お客様の状況に簡単に適応できます。 さらに、これらの中電圧コンバータは、動作中の高レベルの効率を保証し、設置、試運転、およびメンテナンスが簡単です。 特に10 / 11 kVインバーターは、直接10 / 11 kVモーター出力を提供します。 出力で従来のコンポーネントに必要なトランスは不要です。

Mve2シリーズは、3,3 kV-200 kVAから11 kV-5000 kVAまでの範囲をカバーしています。 おそらく、市場でのクラスで最もコンパクトなソリューションです。 通常、ターゲットセクターは不足しているため、2人の開発者である東芝と三菱電機株式会社(TMEIC)は、別々に配置可能な入力トランスを備えた新しいコンセプトを開発しました。 さらに、中電圧コンバータは、従来の輸送コンテナに簡単に収まります。

Mve2のモジュラーコンセプトはコンバーターステージにも適用され、さまざまな公称電圧の電気モーターに指定できます。 電圧に一貫性がない場合でも、これらの電気モーターは、別の外部トランスを設置することなく、同じ中電圧システムに接続できます。

DCリンクについては、従来の電解コンデンサではなく、耐久性のあるメンテナンスフリーのフォイルコンデンサが責任を負います。 ファンは7年ごとに大きなメンテナンス間隔に注意を払われています。 回生機能は標準機能であり、エネルギー効率が向上します。一方、センサーレスベクトル制御は、高速応答、安定した動作、高速の加速と減速を提供します。
メーカーの別の寄与 このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています 表示するにはJavaScriptがオンにする必要があります!