インダストリー・アクチュエル
建設と開発のためのニュースポータル

日立世界初の大手メーカーの1つとして実装 日立 自動化ソフトウェア「CoDeSys V3.4 SP1」は、EHV +シリーズの強力なPLCに搭載されています。 新しいEHV +シリーズは、64、256、512、および1024 kByteの記憶容量を持つ4つの強力なプロセッサで構成されています。 内蔵のイーサネットインタフェースのおかげで、プロセッサはさまざまなオープンネットワークと互換性があります。

CoDeSys V3.4 SP1に加えて、このシリーズは、高精度のデジタル、アナログ、リモートI / O、位置決め、温度測定モジュールを幅広く提供しています。 これの例は、8つの2相PT80接続または100°Cの測定精度を持つ4つの3相接続を持つRT0,1モジュールです。

CoDeSys V3.4 SP1はすべてのIEC 61131-3規格に準拠しているため、ユーザーは6つの一般的なプログラミング言語(LD、IL、FBD、ST、SFC、CFC)から自由に選択できます。 「ユーザーは、プログラミング中でもFBD、IL、LD言語を切り替えることができます」とHitachi Drives&Automation GmbHのマネージングディレクター、Rainer Peters氏は説明します。 EHV-CoDeSys-PLCは、従来のプログラミング機能に加えて、強力な視覚化機能を提供します。 これには、たとえば、統合されたグラフィックエディタが含まれ、テストの実行、試運転、およびトラブルシューティングを大幅に簡素化します。 「CoDeSys V3.4 SP1とEH-150およびEHVモジュールの製品の組み合わせには、ユーザーにとって多くの利点があります」とRainer Petersは言います。 IEC 61131-3プログラミングシステムCoDeSys V3.4 SP1は、最新の開発ツールの完全な機能を提供します。 PLCは、タッチスクリーンを介してユーザーフレンドリーな方法で操作されます。

CoDeSys V3.4

EHV + PLCは強力で信頼性が高いだけでなく、CoDeSys V3.4 SP1を使用した最新のプログラミング環境も提供します。 Microsoft.NETテクノロジーに基づいたメニュー構造は、一目瞭然で直感的です。 CoDeSys V2.3と比較して、プログラミング言語ST(構造化テキスト)が拡張され、オブジェクト指向プログラミング(OOP)の可能性が組み込まれました。 新しいバージョンでは、プログラミングエラーをより迅速に検出および排除できます。 さらに、組み込みのHMI機能により、マシンステータスの明確な表示が容易になります。 CoDeSys V3.4 SP1の広範な機能と機能ブロックは、ライブラリに格納されています。 適切で注意深い文書化により、複数のプログラマーが1つのアプリケーションで連携できるようになります。 CoDeSys V3.4 SP1は、この目的のためにENI(エンジニアリングインターフェース)サーバーを提供します。


製造業者からのさらなる貢献 このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています 表示するにはJavaScriptがオンにする必要があります!