インダストリー・アクチュエル
建設と開発のためのニュースポータル

インクルード ODVA ハート通信プロトコルに基づくデバイスをイーサネット/ IPアーキテクチャに統合する方法を示す、イーサネット/ IP仕様の拡張版を発表しました。 この機能の追加は、プロセス産業向けにイーサネット/ IPを最適化するプロセスのもう1つのステップです。 これにより、既存のインフラストラクチャを統合し、産業用イーサネットの利点を活用する仕組みをユーザーに提供します。

このリリースでは、HartデバイスをCommon Industrial Protocol(CIP)スイートに統合するための標準メカニズムが定義されています。 このメカニズムにより、CIP発信者は、HartデバイスとネイティブCIPデバイスであるかのように通信できます。 これにより、既存のHartデバイスや産業用制御システムなどのCIP発信元を変更することなく、CIPベースのデバイスとハードベースのデバイス間のシームレスな通信が可能になります。

「従来のHart I / Oモジュールを統合することは、プロセス統合を最適化するというODVAのビジョンを実現するためのもう1つのステップです」と、プロセス産業におけるイーサネット/ IPのODVA技術ワーキンググループの会長であるOlivier Wolff氏は述べています。 「従来のフィールドデバイスを産業用制御システムと資産管理システムに統合する初期段階が完了したので、組織は、デバイス統合を簡素化するためのフィールドデバイスプロファイルを含むプロセス業界のあらゆる要件にイーサネット/ IPを適合させる作業を継続します、NE107診断、および包括的なデバイス構成方法。」


メーカーの別の寄与 このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています 表示するにはJavaScriptがオンにする必要があります!