インダストリー・アクチュエル
建設と開発のためのニュースポータル

PI1219早く変わった Profibus + Profinet International (PI)マシン間通信のオープンなクロスメーカー標準としてのOPC UA用。 ただし、この技術を締めくくるために、このレベルではフェイルセーフ通信の標準が以前はありませんでした。 これにより、OPC FoundationとPIの共同開発である「OPC Unified Architecture Part 15:Safety」の仕様が解決されます。 これで技術的な作業は完了しました。

システムのモジュール化は、フィールドバスの導入以来、このテクノロジーの原動力となっています。 したがって、個々のマシンを互いに独立して開発し、システム上で一緒に動作させることができます。 OPC UAを使用すると、マシン内で使用されているフィールドバスに関係なく、マシン間でのメーカー間ネットワークを可能にするテクノロジが出発点になります。 ただし、OPC UAには、これまでのところ、Profisafeフィールドバスで通常行われているように、フェイルセーフデータを送信するオプションがありませんでした。 そのため、従来は直接ケーブルまたはカプラーを使用して安全機能を実行する必要がありました。 これにより、労力が増加し、柔軟性が低下します。

OPC UA Safetyの技術的作業は現在完了しています。 次のステップは、テスト仕様と自動テスト用のソフトウェアツールの開発です。 これには、Profisafeに類似した認証および受け入れ手順の確立も含まれます。 これは、OPC UA Safetyを実装する製品の簡単で迅速な安全認証の前提条件です。 一方、OPC UA Safetyの新しい機能を実証するために、ケーススタディが作成されています。 これには、シリーズマシンのセキュアアドレスの管理の簡素化と、実行中に同じ接続を介して異なるパートナーと通信できる可能性が含まれます。 さらに、応答時間に対する要求が高いセキュリティ機能を実装できるようにするために、pub / subのOPC UAマッパーが指定されています。


メーカーの別の寄与 このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています 表示するにはJavaScriptがオンにする必要があります!

キップ・ヴェルケ
Rollon
Tretter
三菱