インダストリー・アクチュエル
建設と開発のためのニュースポータル

フェニックス新しいProfibusエクステンダー Phoenix Contactは、最大1.5 MbpsのデータレートでリモートProfibusデバイスを簡単に統合できるようにします。 エクステンダーには、デバイスごとに2つのDSL接続があります。 これには、ポイントツーポイント接続だけでなく、最大30デバイスのライン構造も簡単にセットアップできるという利点があります。

通信モジュールを保護するには、両方のDSL接続にサージ保護が必要です。 シルクハットのレール取り付け型DSLサージ保護には、ネジ留め式端子ごとにXNUMXつのa / b接続があります。 したがって、ライン構造を構築するときは、各中間ステーションに対してXNUMXつの過電圧保護のみを使用する必要があります。 これにより、制御キャビネット内のスペースが節約され、安価になります。


メーカーの別の寄与 このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています 表示するにはJavaScriptがオンにする必要があります!

Gimatic
Optris
ロドリゲス
ミネベア
EKS
Elmeko
キップ・ヴェルケ
シュメアザール
シェフラー
Tretter
Baumer