インダストリー・アクチュエル
建設と開発のためのニュースポータル

Turck0512ACHEMA 11.1ホール、ブースA25

テュルク 彼の申し出がある HF周波数帯の長距離RFID読み取り/書き込みヘッド (13,56 MHz)拡大。 このファミリーの最年少のメンバーはTNSLR-Q350-H1147モデルで、これは市場でまだ実装されていない範囲を達成するために使用できます。 Q350は、金属上に取り付けられたデータキャリアを最大1 mの距離から確実に読み書きできます。 エッジ長が350 mmの正方形の読み取り/書き込みヘッドは、保護クラスIP67で設計されています。

ポートフォリオには、平行六面体のTNSLR-Q42TWD-H1147読み取り/書き込みヘッドも新しく追加されました。これは、主に食品部門で使用するために開発されました。 Q42は保護クラスIP69kで設計されています。 使用するデータキャリアに応じて、読み取り/書き込みヘッドは最大200 mmの範囲に達します。 Q18は、最大30 mmの範囲のM80およびM42ねじ付きチューブ設計の既存のウォッシュダウン読み取り/書き込みヘッドに加えて、食品セクター向けのRFIDポートフォリオを完成させます。 F&Bの提供は、金属またはオートクレーブで使用するための特別な接続ケーブルとデータキャリアによって完了します。


メーカーの別の寄与 このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています 表示するにはJavaScriptがオンにする必要があります!

ハーティング
NORD
Gimatic
三菱
Pepperl + Fuchsの
Rollon
Kocomotion電話-すべて
マイヤー
Auvesy
テュルク
シュメアザール
IGUS